スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ユーロと日本の違い(テトラEXパワーフィルター篇)

2007.05.17(22:56)

テトラジャパンで発売中の外部式フィルターシリーズのEXパワーフィルターですが、幾分前にこれの75版にユーロモデルが日本で発売され、今回それが好評だったのか60と90版にもユーロモデルが日本で発売される事になりましたね。

では、ユーロと日本版の違いってなぁに?

って疑問に思いません?(というか知らないのは私だけだったりして)

私は日本版のEXパワーフィルター75を2台使っていてユーロ版は使っていないのでネットで調べてみました。

すると、チャームさん曰く、

・流量が強化されています
・本体カラーが異なります
・付属のろ材の内容が異なります
・付属のパイプがシンプルな構成になっています


との事です。
流量が強化されているというので本当かどうか公式ホームページでは載っていないので、チャームのサイトを参考に比較してみました。

●日本版EXパワーフィルター60  流量 50Hz 400L 60Hz 500L
●ユーロ版EXパワーフィルター60 流量 50Hz 580L 60Hz 670L
明らかにユーロ版の方が同じ60という規格でも上をいってますね!

次に本体の色が違うと書いてあります。
これは見て分かりますね。ブラック系なのがユーロです。

そして次に、濾材が異なるそうです。
これも比較してみました。

●日本版 
・EXリング×500ml
・EXブラックスポンジ×1
・EXバイオボール×400ml
・EX活性炭/生分解性ろ材×1袋
・EXウールマット×1

●ユーロ版
・EXリング
・EXブラックスポンジ
・EX活性炭
・EXウールマット


こうやって見ると、ユーロ版には「EXバイオボール×400ml」というのはないようですね。

そして、付属のパイプがシンプルな構成になっているということで、これは比較が難しいのですが写真で見る限り若干部品をまとめてすっきりしている感があります。

お値段は同じ60モデルでもユーロ版の方が高いのですが、流量だけみると日本版のEXパワーフィルター75と一緒なのでワンランク上のパワーがあるとみてもいいのではないでしょうか。
外部式フィルターもちょっとずつ進化しているんですねぇ。

☆ユーロ版60

☆日本版60
スポンサーサイト

コメント
amigoさんへ>
新製品の情報はメーカーの公式ホームページよりも各熱帯魚雑誌の広告として発表される事が早いですね。
何気なく見る雑誌も、本文より広告の方が魅力的立ったりすることもままりますよ。
【2007/05/18 18:03】 | ほた #tHX44QXM | [edit]
こんばんは~
ウチと同じフィルターなんですね。
買って1ヶ月後にユーロ発売…。勉強不足でしたw
配管のスッキリしたところと、流量がアップしたんで気になっています。
色黒になって『漉すぞー』と言っているようなところもカッコイイですよねw
【2007/05/18 00:29】 | amigo #Nf8NT0cg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://corydoras.blog27.fc2.com/tb.php/458-9b1b0f19
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。