スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

魚番組情報

2008.01.20(01:32)

1月ももう20日。
関東地方でも今日の午後は雪がちらほらとか予報されていますが、どうでしょうかね。

さて、テレビ番組予約をしていましたら熱帯魚関係っぽい番組がありましたのでご紹介しておきます。

1/26(土) 後02:00 >> 後03:24  TBSテレビ
[S][H] ドキュメンタリー・教養/環境・エコロジー

西村雅彦が赤道に沿って南米を旅する▽アマゾン川で魚釣りほか
出演者/西村雅彦


アマゾン川で魚だったらいくつか熱帯魚見れそうですよね。
でも、釣られたら食べられちゃうんですかねぇ。
スポンサーサイト

魚番組かな

2008.01.11(22:14)

1/14(月) 後10:00 ~ 後10:50  NHK総合
「NHKスペシャル 南米の神秘・純白の大砂丘」


こんな番組が放送されるようですね。
簡単な事前の内容説明では、

衛星写真で真っ白に写し出されるブラジル北東部の広大な大地・レンソイス国立公園の神秘に迫る。見渡す限り白い砂で覆われたレンソイスに雨が降ると、突然無数の池が現れる。しかも池の中には熱帯魚やカエル、カメが泳いでいる。砂しかなかった大地になぜ生き物がいるのか、そしてどのようにして生きているのか、その謎を解明する。雨期と乾期で劇的に変化する環境で生きる人々の暮らしも伝える。

となっています。
南米という事と、砂地、そして熱帯魚…。
コリドラスは湧き水がある砂地にも棲んでいるので、あわよくば出ないかなぁと思っています。
コリドラスではなくとも南米の熱帯魚といえばある程度知っている熱帯魚が映るかもしれませんね。

日本発 お魚バラエティ ギョギョスペ!!

2008.01.07(03:31)

動物をテーマにしたバラエティー番組はありましたが、いよいよ魚の番組ができましたね。

ただ、飼うというよりも食べる事にも主眼が置かれていますね。
普通魚といえば“食べる”と考えるもの普通かもですけどもw

東京海洋大学客員准教授のさかなクンが切り盛りしている感じもありましたが、これを機に視聴者が魚について感心が深くなればいいですね。

カクレクマノミも映画でブームが起きましたし、きっかけがあれば魚飼育人口結構増えると思うんです。
どこかで、コリドラス主役の映画やらないかなぁ…。(マニア受けはしそうですが)

迎春(新春熱帯魚屋へ→感動の再会)後編

2008.01.05(00:18)

前回の記事の続き、「迎春(新春熱帯魚屋へ→感動の再会)後編」です。

と、その前に、昨年の終わり頃に初めてネットで魚を買ってみました。
ホッカイロ入り
雨の夜を乗り越えて無事届きました。
さすがにホッカイロが2個入っていても水温はだいぶ下がっていました。
購入したのはコリドラス・イルミネートゥスゴールド2匹です。
これには、以前雑誌でコリドラスはワイルド物よりブリード物の方が繁殖可能時期が若干早いとあったのを思い出したので、イルミ兄弟達の恋人をと思ってのことです。
これでイルミの幼魚は今回の2匹を足して計7匹になりました。

さて、そして後編です。

正月の2日に60cmメイン水槽を掃除しまして、これを機にイルミ兄弟達を始め、コリドラス・ドゥプリカレウス、そして同じ水槽の同居魚オトシンクルスをすべて60cmメイン水槽へ移住させようと決めました。
そこで、まずは30cm水槽在住魚をバケツへ一時移動です。
金色です
生まれた時の小ささを知っている自分としては、よくここまで無事に育ってくれたなぁとしみじみです。
写真左から3番目のちょっと色が違うのがドゥプリカレウスです。

そしていよいよ、60cm水槽へ入れると最初は今までの30cm水槽とは違う60cm水槽に入ってじっとしていたイルミ兄弟でしたが、少ししますと元気に泳ぎだしました。
そこに寄って来る1匹の魚。
そう、イルミ兄弟の実のお父さんです。
親子の群泳
一番左の大きいのはコリドラス・ベネズエラオレンジのメスですが、写真中央のイルミはお父さんです。
周りを子供たちに囲まれながら親子で感動の群泳です。

思わず、ちょっと感動w

ただ、お母さんイルミはすでに亡くなってしまっており、会わせてあげられなかったのが残念です。
以前何度もコリドラスの孵化そして稚魚まで育ててはいるものの、まだ幼い小さなうちに成魚と同じ水槽に入れると餌に十分ありつけずに短命だった経験から、今回は慎重にある程度大きくなるまで別飼育していたんです。
ちなみに、母親イルミは横浜のお店で、父親イルミはティアラ町田店で購入しています。

さて、話はちょっと変わって前回購入したとお伝えしました観葉植物のドラセナ。
早速、60cm水槽へ入れてみました。
どうでしょう
根が生えていなく、底砂にうまく固定されないので困りました。
購入時に巻きつけてあったおもりをそのまままた巻きつけて植える事に。
コリドラス軍団に掘り返されなければいいのですけどね。

というわけで、今年の年始の我が家の水槽ではこんな事が起きておりました。
卵を隔離してから孵化、稚魚、幼魚と経ていよいよ実の父と共に暮らす事になったイルミ達。
今回購入した恋人候補2匹とうまく結ばれてくれるといいんですけどね。

最後に最新の動画をお披露目~。

迎春(新春熱帯魚屋へ→感動の再会)前編

2008.01.03(02:48)

新年明けまして、おめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年のどうぞ宜しくお願い致します。

お正月も3日目になりましたね。
皆さんはもう初詣行きました?
私は、今日行きますw

さて、昨年は何かと忙しく又今年も多忙を極めそうでブログの更新がままならない訳ですが、ここまで続いた趣味です。続けられるよう頑張りますのでたまに覗きにいらしてくださいね。

行きつけの熱帯魚屋さんが新春の福袋を売るとの事で、早速2日に行ってみました。
すると、…売り切れw
やっぱり、元旦に行かないとないもんなんですね。
それにしても60袋完売って、すごいもんです。

でも、折角行った手前手ぶらで帰るのもなんなので、店内をぐるりと回っていくつか購入してきました!

そのうちの1種目は、ネズミ年にちなんで「レッドミッキマウスプラティー」です。
真っ赤な色が映えます
サンセットというオレンジ色とホワイトの白系と迷ったのですが、ここは一つ真っ赤な赤を選びました。お店の水槽でもこの色のプラティが売れているようで数がだいぶ減っていました。

他にも10匹98円のネオンテトラと5匹498円のオトシンクルスを買ってきました。(どちらも格安w)
どちらもSSサイズのとっても小さいサイズです
やっぱり、オトシンクルスがいるのといないのではコケを抑える力が違いますので、補充しました。
ネオンテトラはこんなに安くて採算取れているのかなぁ…。

レジにて、店長さんに今年のカレンダーで無料配布のものはないか尋ねた所、下のをおまけでつけてもらいました。
雑誌買わずしてGETw
『フィッシュマガジン』の特別付録カレンダーを頂けました!
この時期はまだ無料配布してもらえるカレンダーがこっそりあるかもしれませんので、「欲しいよー」という方は思い切ってお店の方へ聞いてみるといいですね。

水草が全品40%引きであったので、これは買うべきだなあと思い1つ買ってみました。
チューリップの葉っぱみたいです
ドラセナと書いてありました。
「定価」→「現品超特価」→「さらに40%引き」とこれでもかと割引ですw
『世界の水草728種図鑑』を見たのですが、それらしき名前がないので、ネットで検索してみると、どうやら観葉植物のようですね。
ドラセナの一種を説明しているページ
枯れないでうまく根付いてくれるといいなぁ。

以上の品を買ってきました。

話し変わって、実は元旦にちょっと寄ったお店の近くに小さなペットショップがありまして、熱帯魚コーナーもあったので覗いてみたんです。
でも、まぁ、定番しかいなくお値段も普通でしたので早々にお店を出ようとした矢先にダンボールが目に付きました。

「熱帯魚雑誌 ご自由にお持ち下さい」

なぬ!?
熱帯魚雑誌をご自由にとな!?

店員に聞くとバックナンバーを幾つか無料で持っていってもらっているそうで。
ご丁寧に買い物していないのに雑誌持ち帰りように袋を頂きましたw
何冊かあったのですが、特集や読み物から興味がありそうなものをお持ち帰りしました。
また本が増えたw
もう今から7年も前の号もありましたが、記事は色あせるものでもないですしね。
最新の号を見つつも、バックナンバーの内容も忘れないようにして知識を深めたいですよね。

今回は前編と後編に分けてお送りします。
次回更新では、「感動の再会」を載せます。
また、コリドラス達の最新動画も掲載予定ですので、お楽しみに~。

2008年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 魚番組情報(01/20)
  3. 魚番組かな(01/11)
  4. 日本発 お魚バラエティ ギョギョスペ!!(01/07)
  5. 迎春(新春熱帯魚屋へ→感動の再会)後編(01/05)
  6. 迎春(新春熱帯魚屋へ→感動の再会)前編(01/03)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。