スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ブルーギルハンバーガー

2007.11.22(00:59)

読売新聞のニュースにこんなのがありました。

全国的に大繁殖が問題となっている外来魚ブルーギル。天皇陛下が米国から食用魚として持ち帰ったのが繁殖の発端だったと述べられたことから改めて注目を集めているが、この“湖の厄介者”を「食べて駆除しよう」という試みが少しずつ広がっている。

 「キャッチ&リリース(釣って放す)」ならぬ「キャッチ&イート(釣って食べる)」。なれ鮨(ずし)やマリネなど様々な調理法が考案され、来月にはハンバーガーも登場する。

 「ブルーギルを食べて駆除しよう」と呼びかけているのは滋賀県。県内の琵琶湖には、全国でも最多の1250トン分のブルーギルが生息するとされる。国と県で毎年約2億円かけて駆除しているが、一向に撲滅できない状態に弱り果てたのが発端という。現在は県のホームページなどで空揚げ、チリソースあえ、マリネなどの調理法を紹介している。

 地元特産のフナ鮨と同じ調理法で発酵させたなれ鮨の一種“ブルーギル鮨”を発売しているのは県内の水産物加工業「レイクフード工房」。食べてみると、やや酸味が強いが、脂身が少なく、歯ごたえもある。

 ブルーギル入りハンバーガーも来月3日から福井大学の生協で試験販売される。保科英人准教授らが開発、「環境を破壊する悪者を食べ尽くす」として「エコバーガー」と命名した。

 ブルーギルは天皇陛下が皇太子時代の1960年、シカゴ市長から贈られ、食用になればと持ち帰られた。当初は「プリンスフィッシュ」ともてはやされたが、食用として普及することはなかった。

 シカゴ出身の放送プロデューサー、デーブ・スペクターさんによれば、「アメリカ人にとってはなじみの魚」という。小麦粉をまぶしてバターで焼くムニエルや、レモンやバターで下味を付けたフライなど、レストランでも一般的なメニュー。スペクターさんは「日本人は色々な魚を食べるのに、ブルーギルが受け入れられなかったのは不思議」と、首をかしげる。

 日本人はなぜ、なじめなかったのか。琵琶湖博物館(草津市)の中井克樹主任学芸員は「養殖に不向きなうえ、イメージが悪い」などと理由を挙げる。

 ブルーギルは成魚になるのに4~5年かかり、ニジマスやコイに比べ成長が遅い。成魚になっても最大30センチと小さいという。さらに独特の生臭さがあり、腐りやすいのも難点。中井さんは「アユやウナギに比べ、味が淡泊すぎるのかも」とも指摘している。

(2007年11月21日15時55分 読売新聞)



ブルーギルは熱帯魚というよりは淡水魚の一種という印象が強い魚ですが、これがアロワナやピラルクーなどになると熱帯魚と強くなっちゃいますね。
フィレオフィッシュで幾分魚のハンバーガーも受け入れられていますが、ブルーギルバーガーはちょっと…。
味が淡白なようなのでアメリカ式にはバターやムニエルなど味をしっかりつけるんですね。

食糧難だと歓迎され、増えすぎると駆除されるお魚はかわいそうだなぁとちょっと思いました。
そういう意味では、狭い水槽の世界ですが愛されて至れり尽くせりされる熱帯魚はそれはそれで幸せなような気もしますね。
スポンサーサイト

フラッシュ変えました

2007.11.18(06:47)

先日ここのブログ上部にありますイルミが動くフラッシュを変えてみました。

現在の我が家での飼育魚や飼育環境等が分かります。
3つ目のボタンメニューは今後何か作ってみようと思っています。

オトシン補充

2007.11.12(01:53)

うちのオトシンクルスが1匹になってしまってコケがだんだん勢力を拡大していましたので、昨日買い物ついでに小さな熱帯魚屋さんで買ってきました。

そういえば、そろそろ年末に近づいてきましたよね。
来年のカレンダーが文具店などでちらほら販売されるようになってきて、熱帯魚屋さんで配布&販売されるカレンダーも来月上旬には出てくるのかなぁと思っています。

個人的には、熱帯魚カレンダーの上半分は写真で下半分の日付欄には水換えやエサやりなどのチェック欄や備考欄などが書き込めるような実用性あるものでないかなぁとちょっと思ったりしています。

オスとメスが残りました

2007.11.08(11:56)

外へ出ますとピューと冷たい風が吹いてくるようになりましたね。
クリスマスの電飾した木がキラキラ光ってイルミネーションが綺麗だなぁと思ったりしています。

我が家のコリドラスイルミは子供達5匹すくすくと成長しています。

さて、今日の記事のメインはイルミではなくうちで2番目に数が多いコリドラスのベネズエラオレンジ(エクエスオレンジとも言われますよね)についてです。

当初5匹いたのですが今日現在2匹となってしまいました。購入時生まれてまだ半年も経っていない感じの体格で1匹198円位だった気がします。
飛び降り事故や病気の悪化、食が細い等で1匹また1匹と落ちまして結果今日に至っています。
そして今の2匹がオスとメスのようなのです。
片方は一回り体高がありプックリとして下腹部の鰭が扇形で、もう一方は前者に比べてスラッとしたスリムな体型なのです。

コリドラスは成魚は勿論の事、幼魚は幼魚であの愛くるしい姿が可愛いんですよね。

ベネズエラオレンジの2匹がうまくペアになればいいなと思っています。

更新について&琵琶湖のニュース

2007.11.05(20:03)

最近忙しく更新が滞っていてすみません。
写真がないとまずいかなとか思っていたのですが、考えてみれば別に写真は必須でなくともいいんですよね。
かえってそれが重荷になってしまい更新が止まることの方が良くないなと思いました。
という訳で写真がない記事でもコツコツと更新をしていきたいと思いますのでこれからも引き続き宜しくお願いします。

さて、先ほどネットでニュースを見ていましたら熱帯魚に関係のあるものがありましたので今回の話題にしたいと思います。

「琵琶湖で中国産外来魚を捕獲 「エンツイ」を初確認」

滋賀県は5日、大津市真野沖の琵琶湖で中国原産の外来魚「エンツイ」1匹が捕獲された、と発表した。琵琶湖でエンツイの生息が確認されたのは初めて。県は「繁殖すれば生態系に影響を与える可能性がある」と警戒している。
 捕獲されたエンツイは全長26・7センチ、重さ216グラムで幼魚とみられる。5日午前5時半ごろ、沖合100メートルから200メートルの水深約5メートルの地点で、漁業者が仕掛けた沖引き網にかかったという。
 県によると、エンツイは長江流域などに生息。幼魚では大きな背びれを持つ独特の形をしており、成長すると体長が1メートルを超える。「長江の美人魚」とも呼ばれ、日本にも観賞魚として輸入されている。
 県は「家庭で飼われていたものが放されたのでは」と推察している。エンツイは生息水温が28-10度と広く、冬場で水温が8度ほどになる琵琶湖でも越冬できる可能性があるという。
 琵琶湖で確認された外来魚は、1994年の集計開始以降、オオクチバスとブルーギルを除いて32種類になった。(京都新聞より)



ここでいう「エンツイ」とは熱帯魚の本でよく言うところの「エンツユイ」ですよね。
熱帯魚の図鑑などでも大型の魚の部類に掲載されているお魚です。
そのお魚が琵琶湖で見つかったというのですから、これは誰か熱帯魚飼っていたのを飼いきれずに放流しちゃったんですかねぇ。

シルバーアロワナなども熱帯魚屋さんで15cmサイズくらいの幼魚を見かけることがありますが、身体に対して目が大きくまん丸でそれはそれはかわいらしく見えちゃうものなんですよね。
でも、成魚のサイズを知らずに購入すると後で大変な事になりますので、やっぱりそれなりに熱帯魚のカタログや図鑑を何度も見ておくとよいですよね。

2007年11月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ブルーギルハンバーガー(11/22)
  3. フラッシュ変えました(11/18)
  4. オトシン補充(11/12)
  5. オスとメスが残りました(11/08)
  6. 更新について&琵琶湖のニュース(11/05)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。