スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

熱帯魚解禁

2007.04.29(01:49)

リアルがお仕事などで忙しい昨今の世の中、お店へ行ってゆっくり買い物というわけにもなかなかいかないんですよね。
そんな中でネットショッピングの売り上げが伸びてきているのは当然といえば当然なのかもしれません。
お店側にとっても実店舗をもたなくても在庫をしまっておく倉庫や事務所のようなこじんまりとしたスペースさえあれば商売できるんですものね。お客さんは日本全国いや全世界ともいえます。

さて、ネットショッピングでもネットオークションはいつも賑やかです。
大手で思いつくのはヤフーと楽天なのですが、今までどちらも熱帯魚は個人として出品できませんでした。
しかし、最近になってヤフーオークションでは熱帯魚の個人出品が可能になったんですね!
これで、個人と個人というお店を介さないお魚の取引が便利になりました。

よく殖えた熱帯魚はショップでひきとってもらうというのがポピュラーでしたが、オークションならば欲しい人にあげることができますね。
実際、まだ生まれて間もない稚魚をオークションに出している人もいます。
ただ、抵抗力が弱い生まれたばかりの稚魚をすぐに売るというのはいかがなものかなと私個人は思います。
せめて生後数週間とかできれば3ヶ月くらいは育ててからの方が良いような気がするのですけどね。

オークションでは落札金額の他に送料や振込み代、梱包費などが別に必要な場合がありますので、トータルとしてどうなのかを考えて落札しないといけないですね。
「100円で落札」となっても、送料800円に梱包代500円で合計1400円という事もザラに有る訳です。
あと、生き物ですのでできれば発送と到着が短いに越した事はないですね。死着の問題もありますので慎重にしたいものです。

とはいえ、近くのお店で売ってない種類が出品されていたり、合計で考えてもお得な魚があったら欲しくなっちゃいますよねぇ。

☆5月の7・8・9日はヤフーオークションで出品の際にかかる「出品システム利用料」が無料になります!!
この機会に出品してみても良いですし、出品数が増えるでしょうから買ってもいいですね。

あと、左のカラムにあります熱帯魚関係の雑誌を久々に更新しました。5月号はアクアライフはエビファンは買いですね!
他にも参考になりそうな書籍をご紹介しています。

携帯電話用RSSリーダー WiWi (ウィウィ)
スポンサーサイト

100円吸水フキン

2007.04.27(18:49)

20070427184859
昨日、100円ショップに行く機会があったのでついでに何か熱帯魚に関連しそうなものはないかと探してみましたら、見つけたのが今日の写真の商品です。
本来の用途は、洗車や結露の時に水を拭き取るもののようです。
が、当然その目的では買っていませんよ。

水槽の水換えをしている時に何度か水をこぼしてしまった事がありまして、そんな時大量の水を吸水して何度も繰り返し使える物はないかと思っていたんです。
今回かなり水を吸う力があるらしい布巾で、お値段100円なのですからいい買い物をしたかなと思います。
万一ではありますが、水槽にひびが入って水が漏れだしたら普通のタオルより早くこぼれた水をの対応できるかもです。

ガラスでも耐圧や防弾等色々と衝撃に強いタイプがあるので、水槽にも最先端の対衝撃のガラスをどこかのメーカーで製造・販売してくれませんかねぇ。(勿論お値段が手の届く価格で、透明度が高くないと困りますけどね)

フリーペーパーとプランクトン水

2007.04.24(19:51)

20070424195149
定期的な書き込みを週末に書くはずが私用で忙しく、火曜日になってしまいました。
今回も携帯電話からなのですが、家で書くよりボリュームが多くなっています。

さて、先週末に買い物ついででこじんまりとした熱帯魚屋さんへ寄ってきました。
そこは結構昔からあるお店で、閉めきっている店内が暑い事と魚以外の鳥や犬、ウサギといった動物の臭いが凄いのがたまにきずなのですが、家から近い事もあり、何回か立ち寄っています。
そんな訳でやや久しぶりに入ってみるとポピュラーっぽい魚が相変わらずいました。
コリドラスはアエネウス、パレアトゥス、パンダ、シュワルツィー。後はネオンテトラ、ブラックテトラ、スマトラ等がいました。(スマトラはアルビノもいましたよ。)
他に、ここでは前からポリプテルスがいつも数匹いるのと、日本産淡水魚(いわゆる日淡)がいる事で微妙にバラエティーがあって好きです。

ざっと店内を見て出ようとしたらドアの近くに今日の写真のフリーペーパーを見つけたので持って帰ってきました。
1月発行と書いてありましたが、中のクーポン券は6月頃迄使えるみたいです。
前号迄は配布地域によって分けているのか私の所では埼玉、東京、千葉、神奈川あたりが掲載されていたのですが、今号では群馬や栃木、静岡等より広域を掲載してくれていますね。
月刊の熱帯魚雑誌の巻末にお店一覧の表がありますが、このフリーペーパーには到底及ばないですね。

巻頭に水族館の事について書いてありまして、そこだけでも月刊誌の一特集になるような内容でした。
例えば水族館で与えている餌についての箇所は参考になりました。
稚魚にはブラインシュリンプをあげているのかなと思っていたのですが、「クロレラ水」や動物性プランクトン入りの水を使っていたんですね。
そういえばうちのブログと相互リンクして下さっていますおまつさんのブログ最近の記事に、ネットショッピングで「ゾウリムシ水」や「クロレラ水」を購入した事が書かれていた事を思い出しました。
どこで売っているか分かりませんが、お手頃な値段ならば1度買ってみたいなと思っています。

携帯電話から近況報告

2007.04.20(12:20)

20070420122000
このブログで携帯電話からも記事が書けた事を思いだしまして早速試しに書いてみました。
週末しか最近記事を書く時間がとれなかったのですが、携帯電話からなら平日でもできそうです。
折角なのでうちの水槽周りの近況報告をしたいと思います。
実は今週☆ラッシュなんですよ。
☆とは婉曲的に言っている訳で、要は天へ召されてしまったという事ですね。
責任は言わずもがな飼育者の私にあるのですが、それにしても立て続けに6匹程に及ぶ為飼育環境がまずいと考えました。

亡くなった魚は3水槽すべてで起こったのですが、前日の餌の残りがフィルターへ行かず水槽内で腐敗しているのが確認されました。
30cm水槽はスポンジフィルターのみで、いくらダブルにしているとはいえコリドラス飼育ではネオンテトラ等とは違って食べる量がありますし、排泄物も多いのでろ過しきれていないのかなと思う訳です。
以前水作エイトで試した時は吸い込んだ排泄物等でろ過が詰まり過ぎた経緯があったんですよね。

60cmメイン水槽ではテトラのEX外部式フィルターの75とスポンジフィルター2つで、それでなくとも水流をせき止める事のないベアタンクですので良いかと思っていたんですけどね。

一応の今後の対策として、30cm水槽ではろ過とベアタンクの見直し。
60cmメイン水槽では外部式フィルターの掃除とベアタンクの見直しをしたいと思います。

ところで携帯電話からの絵文字がちゃんと皆さん見えていますかね?

アマゾン川の源は…

2007.04.16(01:19)

4/22(日) 19:58~20:54  日本テレビ で「世界の果てまでイッテQ!」というバラエティー番組があります。

体当たりで挑戦する感じの番組なのですが、この22日の放送では
「長編シリーズ 流域面積世界最大アマゾン川のはじまりはどうなってるの?最終章」
が放送されます。

この前にも何度かアマゾン川の源流目指して映像が流れていたのですが、その最終章が放送されるようです。
過去の放送分のダイジェスト内容は番組ホームページで見ることができます。

熱帯魚、特にコリドラスはアマゾン川がふるさとの種類沢山いますよね。
アマゾン川といっても支流が沢山ありますので、そこで独自に進化したコリドラスも沢山いる訳です。
例えば、ネグロ川・プルス川・マデイラ川などは比較的聞きますね。

ネグロ川は、アドルフォイ・イミテーター・ラバウティー。
プルス川は、オウラスティグマ・プルケール・シュワルツィー。
マデイラ川は、ピグマエウス・シミリス。
などなどコリドラスでも聞いた事ある名前が色々いるんですねぇ。

放送内でも熱帯魚が出ればいいなぁと思っているのですが、こればっかりは観てみないと分かりませんね。

普段何気なく日本の熱帯魚屋さんで売られている熱帯魚。
その故郷の一部の風景を良かったら見てみましょうね!

100円釣り糸で活着トライ!

2007.04.15(23:34)

今回の主役はコレ!

今週の記事は、以前ご紹介しました100円ショップ商品で熱帯魚関係のグッツを作るシリーズです。
いつからシリーズになったのか不明ですが、熱帯魚雑誌でも度々「100円ショップグッツで自作」のような特集組まれていますよね。

さて、今回の100円グッツは上の「釣り糸」です!
うちの近所にある100円ダイソーでは釣り用品コーナーがありまして、釣り糸が売っているんです。
何種類かあったのですが、私がチョイスしてみたのはこの0.8号というものです。

それで何を作るかといいますと、「水草を流木に活着させよう!」というものです。
まぁ、なんてことはないといえばないのですが…w

うちはベアタンク水槽なので当然水底には砂がありません。
なので、水草はおもりで無理やり沈めているのですが、何度かおもりがはずれて水草が浮かんでしまう事があったんです。
そこで、沈む流木に水草をくくりつければ便利かなと思ったわけです。

以前買ってあって使っていなかった小型の流木片を使ってみました。
真ん中に穴が空いているので、そこにウォータースプライト数本を束ねて差し込みました。(穴は貫通しているので茎は水槽の底部にぶつかり、根ぐされ回避です。)
次に、先でご紹介しました100円釣り糸を流木と水草の茎にくくりつけてるのを何度か繰り返して安定するようにしました。

で、出来たのが下の2枚。
流木見えるかな。

別角度で。

ちょっと見にくいですが、分かりますかね?
ちゃんと浮かばずに安定してくれています。
おもりを使っていないので、見た目的にも自然ですよね。
茎からの根っこが幾分伸びてきたらまた釣り糸で流木にからめるように固定すれば自然に活着してくれるかなぁと思っています。

という訳で、今週の水槽はこんな感じです。
近況メイン水槽070415


また100円ショップで使えそうなものを見つけましたら記事にしたいと思います。

軽いデザインに変えました

2007.04.09(00:12)

広がる広がる。

先日変えました新デザインが重いとのご意見が多く、私自身も重いなぁと感じていたので軽いものに変更しました。
やはりストレスたまるようではダメですものね。

あと、うちのブログは広告を載せて微々たるものですが熱帯魚関連資金等を捻出しているので<広告>のタイトルが多くメインの熱帯魚記事が埋もれて見づらくなっていました。
そこで、トップ中央に最新の記事30個を載せて探し易くしてみました。
さらに、右カラムにカテゴリーやカレンダーも置きましたので、熱帯魚記事はどこにあるか見つけて下さいね。

全水槽ベアタンクにしているものの水草をおもりで鎮めて入れています。
このウォータースプライトは肥料も光量もそんなになくても成長しますのでいいですね。
よくこの手の水草ではアマゾンソードやバリスネリア、カモンバ、アナカリスなどが挙げられる訳ですが、是非ともウォータスプライトお手軽でオススメですよ!

新顔はこの子です

2007.04.01(23:59)

ニューフェイス

先日購入したといいながら正体を公開していませんでしたが、ここで公開です!
名前は、コリドラス・アッシャー(レイノルジィ)です。
なぜカッコが付いているのかといいますと、お店の値札がこうなっていたからです。
私の家にある『世界の熱帯魚&水草カタログ2006』では、アッシャーとレイノルジィが別々に掲載されていますが、写真での差異は微妙ですねぇ。
模様が似ていますし決定的な違いが分かりづらいです。

今回これを3匹お連れしております。
一応購入時、お店の人に
「丸っこいのとスリムなのをお願いします」
と言ったのでうまく雌雄であったらいいなぁと。

お次にコリドラス・イルミネートゥスゴールドの稚魚の最新の写真です。↓
大きくなりました

なんか原色系の熱帯魚本に載っているような色合いになってしまいました。
光量が足りないのかなぁ。

メイン水槽の写真3点も載せますね!
メイン水槽全景070401

斜めから撮影

部分拡大


一緒に買ってきたウォータースプライトがベアタンクの質素な水槽に彩を添えてくれてなんとなくいい感じです。

2007年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 熱帯魚解禁(04/29)
  3. 100円吸水フキン(04/27)
  4. フリーペーパーとプランクトン水(04/24)
  5. 携帯電話から近況報告(04/20)
  6. アマゾン川の源は…(04/16)
  7. 100円釣り糸で活着トライ!(04/15)
  8. 軽いデザインに変えました(04/09)
  9. 新顔はこの子です(04/01)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。