スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

イルミ倒れる

2007.01.28(00:02)

昨日の事です。

玄関にあるメイン60cm水槽を覗くとなにやらヒーターカバーとアマゾンソードの根元に挟まって横たわる物陰が…。
覗いてみると、コリドラス・イルミネートゥスゴールドでした。

この個体はおそらくうちで繁殖が成功したイルミネートゥスの子供たちの父親であると思われます。

死因はいまいち解りかねるのですが、老体であったのでそのせいもあったかと思われます。

ちゃんとお子さんは別水槽で保護し9匹が育っています。

ただ、唯一残念なのはその父と子が再会できなかったことですね。
母親イルミネートゥスゴールドは存命中なので、もう少し子供たちが大きくなったら是非同じ水槽でひきあわせたいものです。

ここで、「なぜ早く一緒にしないのか?」と問われるかもしれませんが、以前コリドラスの子供たちを早く親と同水槽に入れた所、食べ物になかなかありつけなく栄養不足になり落ちてしまったからです。

やはり、成魚と幼魚では餌を摂る上で違ってきますしね。
今は幼魚のみの水槽でたっぷり餌をあげていますので問題はないですよ。
スポンサーサイト

<<号外>>世界最小の魚

2007.01.23(19:38)

「ドワーフフェアリーミノー」=「パエドキプリス・プロゲネティカ」

本日は号外版でお届けです。

あの『コリドラス大図鑑』の著者でもある小林圭介さんが採ってきたという「世界最小の魚」をご紹介したいと思います。
お名前は、ドワーフフェアリーミノーとかパエドキプリス・プロゲネティカとかいうそうです。
若干いいづらいw

見た目は撮影のうまさも合間ってすごく綺麗でかわいいですよね。
グラスゴビーのような臓器が透けているのと、淡い色でうっとりです。

では、もう1枚↓
「世界最小の魚」で「世界最小の脊椎動物」

かなり小さいんでしょうが、いまいち実感が湧かないのは実物を肉眼で見ていないからなのかなぁ。

大阪の海遊館で特別展示があるそうで、そこで見れるそうです。
詳しくは2月10日発売の『アクアライフ』に掲載になるようです。

熱帯魚屋さんで買えるようになったらいいですね。

※今回の写真は小林圭介さんご本人のご厚意の元で掲載しております。

薬浴開始

2007.01.21(23:24)

コリドラス・アガシジィの左胸鰭がワタカムリ状態になっていたので急遽治療を行うことにしました。

隔離も考えたのですが、細菌性であれば同じ水の中にいる同居魚にも少なかれ影響があったかと思いまして、全員薬浴にしました。

うちでは「アマゾングリーン」しか常備薬用意していないのでそれになりました。
マラカイト系のお薬で、青色の治療薬よりも魚や水草、微生物への影響が少ないといわれています。

実際、コリドラスは薬には強くないので穏やかに治療できるこの薬を重宝しています。
コリドラスの卵は数日で白カビが生えてくるのが多いのですが、うちではこの薬で助かっています。(といっても無精卵やかびちゃったのは無理ですが)

新しく買ってくるのもいいですが、すでに暮らしている魚たちのことも考えないとですね。

再リセット

2007.01.14(23:33)

エビが先週だめになってしまったので、入っていた水槽を丸ごと洗いました。
なんか以前にもこのエビを入れていた水槽で全滅したことがあり、不吉な水槽のような気もするのですが一からリセットすればいいわけですしね。

というわけで、またもやリセットした30cm水槽に何をいれようか模索中です。
水槽の大きさが大きさなだけに3cmくらいのラスボラあたりいれてもいいなぁとか…。

熱帯魚を飼っているときって、空の水槽に何を入れようか考えるのが楽しかったりするもんなんですよね。

でも、お店での出会いが一番ワクワクするのかもです。
(値札をみてガッカリすることもしばしばですがね)

エビ終わり

2007.01.07(01:44)

やはり思ったとおりでした。

ビーシュリンプを買ってはみたものの、私はどうもエビと相性が悪いのか飼育が下手なのかもちませんでした。

なんとか一緒に年は越したんですがそれが限界でしたね。

エビは農薬などに敏感と言いますが、あげたタブレットフードの一つで痙攣を起して挙動がおかしくなったのがあったのでそのせいもあるかなと思っています。

やっぱり素直にコリドラスを飼うのが一番なのかなw

明けましておめでとうございます

2007.01.01(03:14)

新年、明けましておめでとうございます。

昨年の半ばから更新を週末に切り替えましたが、負担の少ない程度で続けていこうと思っておりますので、どうぞ本年も宜しくお願い致します。

2007年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. イルミ倒れる(01/28)
  3. <<号外>>世界最小の魚(01/23)
  4. 薬浴開始(01/21)
  5. 再リセット(01/14)
  6. エビ終わり(01/07)
  7. 明けましておめでとうございます(01/01)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。