スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

今年も1年ありがとうございました

2006.12.31(13:36)

気づけばこの熱帯魚ブログも来年で3年目に入るんですね。
最初のうちは毎日更新だったので、活気がありましたが今は週に1回更新になり落ち着いてきた感じです。

ネオンテトラなどの寿命は一般には3年前後くらいに言われていますが、コリドラスは5年前後ありそうですね。

その分長く一緒にいられる魚なので、うちのブログもその分息が長く続けばと思っています。

来年もどうぞ、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

お試しエビ+ベアタンク化+近況写真

2006.12.24(23:38)

これは?!

まずは1発目の写真。
実は今週は第4水槽を稼動させまして、レッドビーシュリンプをお試しで購入して入れてみました!!

もちろんお試し感覚なので無選別タイプの安いものです。
5匹買ってみて1日経ったら早くも2匹は天国へ…。
でもなんとか3匹は元気なようで何よりです。
もうエビブームは半ば定着化したような感じがしますが、別にグレードを高めるだけがエビの飼い方ではないですよね。
ただあの紅白を見るだけでも十分に綺麗なものです。

さて、お次は久々の我が家で生まれて育っているコリドラス・イルミネートゥスゴールドの生後196日目(半年経ったんですね)の写真です!
今日のコリドラス!

携帯のカメラで撮ったので画質はいまいちですが、これでもコントラストと輝度補正かけてましにしたんですけどねぇ。

10匹生まれて1匹が飛び降り自殺で他界された以外は順調に9匹育っております。
今週お店で同じイルミネートゥスゴールドが販売されていましたが、ワイルド物ということで1匹2500円してましたね。
グリーンの方がゴールドよりも比較的安いように感じます。
問屋さんでも
「グリーンはあるんですけどねぇ」
と某熱帯魚店の店長さんは言われたということなので。

この赤ちゃんイルミネートゥスゴールドですが、産んだ親の雌と雄はちゃんと健在で、60cmメイン水槽にいます。
今週の半ばにコリドラス2匹が連続して他界して底のソイルが砕けてきた挙句、一部のコリドラスの口ひげが溶けてきたので真っ先に低床の汚れを疑いました。
まぁ、私自身ソイルを入れてみたもののどうも掃除の時などはやりづらく好きではなかったので、思い切ってまるごとリフレッシュしました!

完全に全水槽ベアタンク化です。
さらに、全水槽テトラのスポンジフィルターを2つ連結するダブル方式にしました。
60cm水槽の様子などは今度お見せしたいと思います。

2台目の60cmシクリッド水槽の1匹をお見せします。
今週のシクリッド!

臆病な魚です。
でもブルー色は綺麗ですね。
こういう魚は蛍光灯もブルーにすると綺麗なのかなぁ。

先日、mixiで思い切って声をかけてみましたあの『コリドラス大図鑑』の著者である小林さんからお返事が来てなんか少し感動しました!!
それにこのブログへも見に来てくださるとのことで、再びブログ更新に火がつきそうな気分ですw

でも、改めて見てもやっぱりコリドラス、かわいいですね♪

100円ボトルアクアリウムレビュー

2006.12.16(23:40)

全体写真。

以前お話しました100円ショップのボトルアクアリウム。
反響があったので買ってきましたw
上は全体写真です。

さらに、下部の拡大写真↓
底部あたり。

見ると分かるように底面が直接水の入るところではなく支えを経て地につくのでマット状のヒーターは使えないようです。

さらに、上部の開閉写真↓
開閉写真。

虫かごのようですが、小さくえさをあげるには適当の大きさですね。

そして、注意事項など↓注意事項など。

3匹以上いれるとストレスで死んじゃうそうです。
なんかちょっと大雑把な注意ですよね。

容量は600mlとのことで耐熱温度は80℃なので50Wヒーターとかどうですかねw(溶けるのかな)

アカヒレくらいなら耐え切れそうですが、保温できなければエビは厳しそうですしねぇ。
100円なので失敗してもダメージは少なそうですが、どんなもんでしょう?

100円ボトルアクア

2006.12.10(14:49)

先日近くの100円ショップへ行ったのですが、そこに犬やら猫やらの用品も100円で売っていまして、その中の小さな魚関係スペースにボトルアクアリウム用っぽい容器がありました。

形はなんといいますか透明な円筒形の容器に虫かごの蓋のようなものが上についています。
ご丁寧に餌やり用の開閉口までついていました。

「この大きさならエビなんかいいなぁ」

とふと思ったのですが、最高気温が10℃を下回る今にヒーターなしで入れるのは自殺行為だなぁと思い買い控えてしまいました。

ベタなんかを夏に飼育するにはもってこいの容器だったんですけどねぇ。

どこが違うの?

2006.12.03(19:55)

「あ!あれネオン・テトラっていうやつだよね!」

熱帯魚屋さんへ行くと魚を指差し知っている事の確認をする姿が度々見る事があります。
正解ならいいのですが、
「いあ、あれはカーディナル・テトラだよ。」
と違っていたらちょっと気恥ずかしい気持ちにもなってしまうものです。

先ほど挙げたネオン・テトラやカーディナル・テトラなら単純に腹部の色の長さを見れば分かる訳ですが、コリドラスともなるとそうはいかないものが多いので厄介です。

あまり種類がおいていない小型のショップなどでは、コリドラスはアエネウスとパレアトゥス、それにアルビノタイプのコリドラス・アエネウスと3種類くらいしか見かけないこともあります。
この場合は白ければアルビノですし、赤茶っぽければアエネウス、通称「花コリ」と呼ばれているだけあってまだら模様なのがパレアトゥスと簡単に分かります。

しかし、いざ大型ショップへ行くと、まぁコリドラスの多い事!!
すごいと100種近くにものぼる在庫から的確に判断するのは厳しいですよね。
1水槽1種類ならいいのですが、1水槽10種類入っていると「あれがこれで、これがあれで・・」となるわけです。

たまたま、先ほどグーグルで「Corydoras」とかけた所トップでヒットしたホームページにはコリドラスの違いを幾つか載せていましたのでご紹介したいと思います。

違いとできればちょっとしたデータも(サイズとか飼い易さなど)知っておくといいですよね。
別に珍コリでなくとも150円くらいの先に挙げた3種だって十分かわいいコリドラスには違いがないんですけどね。

ご紹介のサイト→http://cgi.biwa.ne.jp/~fumiaki/

※毎週土曜日更新予定だったのですが、昨夜はちょっと忙しく日曜日となってしまいました。御了承下さい。

2006年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 今年も1年ありがとうございました(12/31)
  3. お試しエビ+ベアタンク化+近況写真(12/24)
  4. 100円ボトルアクアリウムレビュー(12/16)
  5. 100円ボトルアクア(12/10)
  6. どこが違うの?(12/03)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。