スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

9月の終わりに

2006.09.30(23:41)

いやぁ、もう9月も終わりで10月に突入ですね。
この前までセミがミンミン鳴いている夏だと思っていたら、少し肌寒い秋の風もたまに感じるようになってきました。

夏は気温が高いので水槽の水温も上がって水の蒸発が激しかったですが、これからはあまり水位が下がらない時期ですね。
でも、ヒーターがいるので夜寒くなる場所にあるとだいぶ電力を食うかもしませんね。

コリドラス・イルミネートゥス水槽ですが、当初はスポンジフィルターだけでは不安があったのですが、案外水作エイトよりがんばっています。
2こスポンジをつけた60cm水槽でも使えそうなろ過を30cm水槽で使用しているので効果があるんでしょうね。
コケ取り用として入れたオトシンクルスは、コケがなくなるとコリドラスと一緒にブラインシュリンプを食べています。
どちらも大人しいのでうまく30cm水槽でも共存できるんですよね。
スポンサーサイト

今昔魚顔合わせ

2006.09.23(23:52)

今月号の『楽しい熱帯魚』では、特集として現在と少し前のお店に並ぶ熱帯魚の増減や価格の変遷を表にして掲載していますね。

私のブログでも度々そんなお話をしていましたが、雑誌でも特集として扱うようになりましたね。
その記事を見て驚いたのは、価格自体はあまり変わっていないものの種類によってはここ数年で30%程度入荷量が減っているものがあるんですね。

そういえば、昔はわんさか水槽に魚の缶詰の如く詰め込まれて販売されていた種類でも、昨今ではさっぱり見かけなくなったり入荷量が減っている気がすることもありましたね。

折角家で繁殖に成功しても、飼いきれないという現実から放流してしまったりやむなく殺してしまうケースもあるのが現状なんですかね。
もっと、システム的に
「ご自宅で殖えた魚を買い取ります」
のような看板を出してもいいと思うんですよ。

そんなことをしたら問屋さんがあがったりといわれるかもしれませんが、中古ショップの委託販売のようにある一定期間置いてもらって売れたらいいな的な考えも悪くないかと思います。

「東京新宿生まれのネオンテトラ販売中」
とかお客さんをショップへ引きつけるそれこそ餌になるんじゃないかなとね。
それで、お客さん同士の輪が広がったりとかお店にメッセージボードとか用意して
「この前買った東京新宿生まれのネオンテトラ、元気ですよ」
とか里親として嬉しくもなるというものです。

今のホームページでも、きてくれた人たち同士のコミュニティーなどを大事にしようという動きが広がっていますし、ただ「買い物」をしにくる以外の「+何か」をどんどん熱帯魚屋さんも企画してほしいものですよね。

あの番組のプレゼントに

2006.09.16(23:31)

今夜たまたま「世界!ふしぎ発見!!」を観ていたのですが、そこでまさか熱帯魚っぽいものをみるとは思いませんでした。

石垣島とか与那国島とかが出たので、当然海が映る事は想定内な訳ですが回答者の正解プレゼントに水槽セットが出たんですよ。

海水魚飼育セットで、30cmサイズくらいのオールガラス水槽でした。
青い魚(スズメダイ系?)とかクマノミとかが入っていてアーム式の蛍光灯も付いていたようでしたね。

熱帯魚屋さんの中には所謂「お持ち帰り水槽セット」に力を入れている所がありますよね。
ある意味完成されているので、水作り不要ですし一通りの器具も付いている訳ですから初心者などにはありがたいでしょうね。

私の場合はそういうタイプのセットよりも、小さい容器に出来上がっているエビセットにこの頃視線を向けてしまいます。
なんというか、それでなくとも小さいエビが瓶のような世界の中で細い腕?でゴソゴソとしている様はなんとも愛くるしいと思うわけです。

今は、幸い各社から超小型ICヒーターが発売されてきているのでお試し程度に飼ってみるのもいいかなと思っています。
でも、エビってそれでなくとも水質に敏感といわれますし、ヤマトヌマエビですら短命に終わる私の飼育では果たしてどうなることやら・・。

旬の魚

2006.09.09(22:12)

北海道産の秋刀魚をこの頃鮮魚売り場で見かけますね。
1匹100円くらいなのでポピュラーな小型魚っていう感じのお値段に感じるのは熱帯魚を飼っているからでしょうかね。

雑誌などでも、
「エイの解禁シーズン」
とか
「アマゾンから続々入荷中!」
といった文字が紙面をにぎわせる時がありますよね。
熱帯魚でも1年中コンスタントに輸入されてくるものもいれば、ある限られた期間にドッと入荷する種類もいる訳で、波があるんですよね。

どうせ買うなら気に入った固体を選びたいと思うのは当たり前の話ですが、選択肢がないとそうも言ってられないのが悲しいものです。
欲しい魚のシーズンの時期にお店へ行けば普段よりも入荷しているでしょうから、選べるんですよね。

これから涼しい季節になって水温調整も夏場よりはやりやすくなってきます。
○○の秋といいますけども、そういう新しい魚と出会う「出会いの秋」もいいかもしれませんね。

9月ですねぇ

2006.09.02(23:01)

たまに「あれ、涼しいなぁ」と思う日もある一方で「まだ暑いなぁ」と感じる日もある今日この頃です。

テトラジャパンから欧州モデルの外部式フィルターが発売されていますが、外見だけの違いなんですかね。
普通に外国の製品だと電圧の違いもありますが、日本で使えつつ外国モデルなわけですからいいといえば良いんですけどねぇ。

この前とあるカメラメーカーの社長がテレビで、今の写真屋さんはデジタルでフィルムも加工しているから結局、デジカメで撮ってもフィルムで撮っても違いはあまりないようです。
そうなると一眼レフデジカメ欲しいなぁと思っちゃいますね。
きっと、望遠レンズなら魚に気づかれる事なく撮れるかなと思ったり、より鮮明に撮れるんだろうなぁと思ったりね。

これから扇風機もヒーターもいらない丁度良い気温になってくるので、扇風機はちゃんときれいにしてしまって、ヒーターの準備をして寒さに備えたいですね。
そういえば、最近ではずいぶんと短いヒーターが登場していますよね。
お陰でベタなどを入れる小さな容器でもヒーターが容易に入れることができるようになったのではないでしょうかねぇ。

2006年09月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 9月の終わりに(09/30)
  3. 今昔魚顔合わせ(09/23)
  4. あの番組のプレゼントに(09/16)
  5. 旬の魚(09/09)
  6. 9月ですねぇ(09/02)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。