スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ショップ立ち寄り

2006.05.31(22:11)

どうも、朝4時に頑張って起きて日本代表を応援したほたですw
お陰で今日はいつもよりも一日が長く感じられています。

今日は帰りに地元の熱帯魚屋さんへ寄ってきました。
こじんまりとしていて品ぞろいはあまりないのですが、珍しい魚がいたりするのでちょっとした穴場なんですよ。

店長がちょうど入り口にいたので私が軽く会釈をして声をかけたら

「いらっしゃいませ、・・あ・・ああ!!
すいません、まだ入ってないですよ」

と、私が誰だか思い出していただけたようで即座にコリドラス・イルミネートゥスゴールドの在庫の答えにw
私はあいさつしただけなんですけどねw

店長にこの前行った別のお店で見つけたと話すと
「よかったですね~」
と言ってくれたのでホッと一息。

10分くらいしか店内にいませんでしたけど、ほとんど店長と話をしてました。
ちょうど目の前の水槽にポリプテルスがいたので、古代魚話に変わったらアンフィビウスの話題に。
このあたりの詳細は例の如くスカーレットジャムさんのSNSで。

コリドラスはステルバイ、バイオレット、アトロペルソナートゥスⅡ、シュワルツィー、メタエ、ベネズエラオレンジ、定番3種(アエネウス、アルビノ、パレアトゥス)などがいましたね。

このお店がなんだかんだで一番気さくに店長と話ができるので居心地がいいはずなのですが、あと倍店内が広ければいいんですけどねぇ。
スポンサーサイト

赤い水槽

2006.05.30(22:40)

これは何件かのお店を回って共通していたことがあったので気になったのですが、プレコやポリプテルスなどの水槽に赤い底砂を敷いて、赤いランプで水槽を演出している光景がありました。

いかにも怪しげな雰囲気を醸し出していたのですが、あれはそういう意図をもっているんですかね。

逆に、シクリッド系の魚がいる水槽では白い砂で清々しい感じの蛍光灯を使っている感じがしましたね。

スーパーなどでも商品によってあてる蛍光灯を変えているそうなので、お肉だったらそれがおいしく見えるように、野菜だったら野菜用にとランプも含めて雰囲気作りって大きいですね。

みなさんの水槽はランプの色など気にしていますか?

水換え&ブリーディングウォーター添加

2006.05.29(21:46)

今日は全水槽(といっても2台ですが)の水換えをしました。
水換え時にはカルキ抜きのためにテトラのコントラコロラインを入れて、水換え後にはテトラのアクアセイフとPSB、そしてこの前買ってみたテトラのブリーディングウォーターを入れてみました。

アクアセイフが青色なのに対してブリーディングウォーターは黄色の液体なんですね。
水槽に入れた所、早くもコリドラス達がお互いイチャイチャ(?)しだしたり、レッドファントムテトラが互いの体をからめたりと早くも至る所でデートモード!!

・・と思ったら、5分くらいで正常モードへ。
まさかもう効果が切れちゃったのかなぁと思いましたよ。
どのくらいの効き目かは分かりませんが、何の音沙汰もないうちの水槽で卵でも見つかればそれなりに評価したいですね。

鮎の遡上シーズン

2006.05.28(23:07)

今日の新聞に書いてあったのですが、今の時期は鮎の遡上シーズンなんだそうですね。
てっきり鮎は川魚というイメージがずっとあったので、一生を川で過ごすものと思っていましたが幼魚の時は海で生活していたんですね。

淡水性熱帯魚はこのように遡上したりとかする種類あるんですかね。

餌の選択

2006.05.27(21:15)

スーパーの新聞折込チラシを見て
「今日は牛乳が安いなぁ」とか
「今夜はこれが食べたいなぁ」
等と思いお店へ行って買ったりしますよね。

でも、いざお店へいくと他の食べ物なんかも目に入ってしまい、さてどれにしようかと迷う事もしばしばです。

なぜこんな導入話をしたかといいますと、もちろん熱帯魚の餌についての話に持っていくためな訳ですが、皆さんはどのようにして餌を決めていますか?

私は性格的にマンネリを嫌う傾向があるようで、新しいものが目に付くと気になってしまう性分です。
テトラで新製品が出るとなったら気になりますし、キョーリンで新しいものがでるとなればまた興味が出てきます。

一口に熱帯魚の餌と言っても、お店に行くとコリドラスの餌というだけでも数種類ありますよね。
結局は、日頃の食いつきと売値をみて決めていますが、高くても食いつきガ良くて健康にいいのであればそちらも考慮したくなるものです。

人間は魚を食べて「これおいしい魚だね」とか魚の味は分かっても、その魚の好みの味まではなかなか分からないんですよね。

巡回数

2006.05.26(23:53)

ふと思ったのですが、みなさんは毎日のブログ巡回はいくつくらい回っていますか?

私はRSSで一括登録して、更新を確認したら見に行くというスタイルをとっていますので、更新がなければ素通りしています。
ちなみに、今現在でブログのRSS登録数は20個です。

記事を読んでそれを踏まえて軽くコメントを書いてとやっていくと、1つ2分かかったら20こで40分必要なんですねw
道理でブログをチェックしていると時間が過ぎると思いましたよ。

でも、こちらもわざわざ来て頂いてコメント書いてくださるので、恩返しの意味もあって回っちゃいますよね。
それをみんなですれば、結局まんべんなくコメントが書かれる訳ですね。

懸賞のご案内

2006.05.25(21:19)

なんかうさんくさい本日のタイトルですが、何も悪徳勧誘をしているわけではないですよ。

テトラジャパン社より17cmキューブ水槽セットをなんと13名様にプレゼントというものです。
セット内容は、17cmキューブ水槽、ふた、26℃セットICヒーター、外掛け式ワンタッチフィルター、カルキ抜き少しと水質調整剤少し、餌少し、飼育小冊子というものです。
これがあればとりあえず飼育を開始できるフルセットですね。

肝心の懸賞は朝日マリオン・コムさんです。
ちゃんと朝日新聞にも掲載している存在する会社ですので、下手な所よりは安心かと思います。
会員登録をしなくても応募できますので、この機会に当ててみませんか?

もちろん、私も応募しました。
でも、宣伝した私がはずれてこれを見た人が当たっちゃったりしてね。

ペットに入るか否か

2006.05.24(22:11)

一般に「ペット」というと犬や猫、もう少し広げて鳥や小動物となかなか魚の登場がないのが現状ですよね。
もっとペットというと熱帯魚というような身近な存在になればいいんですけどねぇ。

*「あら、奥さんこんにちは。」

+「あらぁ、お隣の奥様こんにちは、おや今日はペットと一緒ですの?」

*「そうなんですよぉ、うちのベタちゃんとお買い物なんですの。」

+「まぁ、いいですわねぇ、そういえば駅前のスーパーでテトラミンのセールをしていましたわよ」

*「まぁ、奥様。それじゃあうちのベタちゃんの夕食に買ってみますわ」


とまぁ、こんな風に・・・なかなか犬や猫のようにならないでしょうねぇ。
そういえば、スーパーなどでも犬や猫などのペット用品売り場になぜかテトラミンがちょこんと置いてある場面多くないですか?

お手軽検索

2006.05.23(22:02)

小さな熱帯魚屋さんへ行く場合ならまだしも、大型店へ行くとものすごい数の魚がいますよね。
その中の100%すべてを知っている人はなかなかいないものです。(いたら店長候補になっちゃいますね)

いわゆる定番モノと呼ばれている種類を買うのであれば、雑誌によく出てくる魚なので1年も飼育経験のある人ならば成魚で○○cmくらいになって比較的飼いやすいかなどといった予備知識がある訳ですが、それ以外の知らない人にはさっぱり分からない魚も多いんですよね。

そこで、携帯電話で熱帯魚情報データベースなどにアクセスして名前検索でその魚の成魚サイズや飼いやすさ、注意点などの情報がサッと取り出せるシステムないですかねぇ。
お店の水槽にある情報といえば売値、魚の名前、気が利いている所では輸入元の国、経由便、入荷日、トリートメント済みかどうか、魚の簡易的な特徴などもありますね。
ただ、それだけではその場で初見の魚を買うには今一歩情報が少ないと思うのです。
まさか広辞苑のように分厚い図鑑をお店へ持っていって、その場で探すといった事は恥ずかしさもさることながら、重くて疲れてしまい肝心の魚を選ぶ楽しみを奪ってしまいかねませんね。

データベースを構築しようとしているサイトも中にはあるようですが、パソコンではなく携帯電話でパケットを少なくするように文字情報で分かる電子図鑑のようなものはないのではないでしょうか。

特にコリドラスなんかは微妙な模様の差異で名前がコロコロ違うのであると助かるんですけどね。

セールにつられて

2006.05.22(23:44)

もちろん新品ですよ。

さて、早速画像を載せましたが、今日は電車で少し行った所にある何度か行った事のある熱帯魚屋さんへ行ってきました。
セールをやっているとインターネットのお店のホームページに書いてあったのでそれを目当てに何かめぼしい物があるかと思いましてね。

そこでまずはお目当ての品を買いました。それが上の写真の蛍光灯です。
「一流メーカーもの」と書いてあったのでどこのものかと思ったらジェックスのだったんですね。
60cm水槽用20w1本用でなんと・・税込み980円!!!

安いでしょw
もちろん新品ですよ。
限定10台だかでお1人1つ限りだったのが無念ですが、目的のものを買えてうれしかったです。

あとは、次の写真はお店の入り口にあった新聞のフリーペーパーです。↓
新聞フリーペーパー。

もちろん熱帯魚情報新聞ですよ。
発行元が産経新聞のようですが、もうすぐ産経新聞の方から熱帯魚関係の器具類などの総合パンフレット解説本のようなカタログがでますので、何やら熱帯魚関係へ力を入れているのでしょうかね。(そのカタログ本はお店の方が言うには未だ入荷していないと言ってましたので、もう少し後に発売ですかね)

店内をぐるりと何度も往復してなんとなく興味をもってこれも買いました↓
繁殖促進剤?

テトラのブリーディングウォーターですね。
テトラのホームページによると、250ml製品は定価2150円(税別)のようですね。
ということは、今回私は約2割引で買えた感じです。

誰を繁殖させたいかといえば家で飼っている魚全部ですが、オスだけだったり全部メスだったりとなかなかペアがないのが現状ですが(なので赤ちゃんも卵もないわけですが)、環境づくりに一役かってくれるのならばいいかなと思いました。

このお店がどこだったかや、生体は何がいたかなどはスカーレットジェムさんのSNSの方で今回も書きたいと思います。

寄ってくる魚

2006.05.21(23:21)

チラッと見るとサッと逃げる。
それがうちのコリドラス達です。

なんかこちらは好意的に見ているつもりでも、あちら側では「またあいつ見にきやがったよ」という感じなのでしょうかね。
餌をもらった時は嬉しいだろうに、飼育者を見るや否や逃げる。
なんか悲しいなぁとふと思うときがあります。

そうなると、チラッと覗くとゾロゾロと集まってくるタイプの魚を恋しく思う訳です。
「コリドラス飼育日記」とブログのタイトルを書いているものの、時にはコリドラス以外も興味が移りますよね。
でも、よく考えると得てして大型の魚はなつきやすく、小型はなつきにくいようなイメージがあるのですが、どうですかねぇ。
脳みその大きさなどにもよるのかな。

束縛からの解放

2006.05.20(15:53)

いやぁ、今日は暑かったですね。(これを書いている今でも暑いです)
体感気温は30℃と言っても過言ではないですよ。
うちの30cm水槽は普段24.5℃くらいなのですが、今日は25.9℃まで上がっていました。
魚よりも人間が参りそうだったのでエアコンをポチッ!
すると冬の時の設定のままで暖房がゴーー!!
ムァ~とする瞬間ですね。
そろそろ夏に向けてエアコンの掃除をしないといけないかなぁと思いました。

本日の話題はこれからです。
先日お話しました「水草くん」なる水草用のおもりですが、60cm水槽を見てみると・・・。
あれれ?

む?
おもりだけありますね。
ということは、草は?
浮き草に (違

見事におもりから逃げて(?)水面へ浮いています。
ちゃんとギュッとおもりを巻きつけたと思ったのですが、水草も必死の抵抗を試みたのでしょう。
かえっておもりを付けていない他の水草はちゃんと根を張っているという状況・・。

まぁ、こんな植えたり抜けたりの日々ですがコリドラス達は相変わらずの定位置で井戸端会議をしています。
いつものように。


ビオトープ小学校

2006.05.19(23:08)

今日電車からふと窓の向こうの景色を見ていましたら小学校が見えたんですね。
まぁ、それだけだったら特にこれといって話題にもならない訳ですが、その小学校のフェンスに何やら文字が書かれていました。

「ビオトープ」と。

むむ?w
そう、水草を知っている方ならご存知のあのビオトープです。

そこの小学校は、普通の花壇などにお花を植えているだけではなく、ビオトープというジャンルを意識してビオトープも楽しんでいるようです。

水草を買う際に、これは水上葉なのでとか水中葉なのでとかいいますよね。
私はあまり水草方面には詳しくないのでいい加減なことは書かないように避けますが、書店でもビオトープと書かれている書籍がちらほらありますので人気はあるんですね。
子供のうちから草花に接しておけば、水草を育てる時には役に立ちそうですね。

透明度良好

2006.05.18(22:13)

30cm水槽外観。

今日も手軽に撮れる携帯のデジカメ画像を載せました。
やはり手軽に撮れる物じゃないと中々ブログでも使えませんね。

ところで、上の写真の通り水は透明なのですが、
透明な水といえば書籍などでは、

「水が透明だからといっても安易に安心はできない。有効なバクテリアが定着して機能する事で、本当の意味での「こなれた水・できた水」と言える」

といった風な事が書いてありますよね。(文面は私のオリジナルなので若干の言い回しはあるかと思いますが。)
透明な水というのは見ていて清潔感がありますし、なによりそれで魚が健康であれば言うことなしの感じがします。
しかし、じゃあ緑色の水はどうなのかといえば、それも「こなれた水」の中に入ると私は思うのですよ。

ここで1人水について語ってもしょうがないですけどね。
今日の写真の通り30cm水槽が透明度が高く、コリドラスも元気なのでこちらとしても嬉しい反面、突然何かバランスが崩れはしないかといった不安もあります。
早く小型用の外部式フィルターを買って安心したいと思う今日この頃です。

早速パシャリ

2006.05.17(23:38)

パシャリ!

油断していたので、新しい携帯電話で撮りました。
流石に画素数が以前のよりいいだけあって、しかもオートフォーカスができるのでピントが合いやすいんですね。
著作権が厳しい昨今にあって、ペットというのは気軽に撮影してネット上に公開できるので良い被写体ですよね。
それでも、やはり肉眼で見るのとは違いますけどね。

コケとり要員

2006.05.16(23:36)

コリドラス・オルナートゥスホワイトフィンがいます30cm水槽に茶コケが見られるようになってきました。
そこで、60cm水槽にいましたオトシンクルスを急遽移住させて食べてもらう事にしました。
昨日移しまして今日の時点で1/3程食べてくれてガラス面が綺麗になっています。
髭状コケにはサイアミーズフライングフォックス、茶こけにはオトシンクルスといった感じになるべく生物にまかせたいものです。
さすがに、ヘドロ状になったら臭いですが人間の力で落としたりしますけどね。

水換え&「水草くん」使用レポート&魚近況写真

2006.05.15(23:08)

水草くん登場。

昨日書きました通り、新しい携帯電話を買ったので早速使って写してみました。
丁度、水換えをする気分になったので以前購入した「水草くん」を使用してそのレポートを載せますね。

パッケージを開けるとこんな風になっています。↓
蚊取り線香ではありません。

蚊取り線香のように巻いてあります。
適当な長さにはさみで切って水草の茎に巻きつけます。
両面とも適度な弾力のあるスポンジになっていますので、茎を傷める事はないと思います。
それで取り付けた後の水槽↓
全体景観。


水槽の住人(魚)達の近況も載せますね。
ますはドイツラム↓
60cm水槽に移っても元気です。

次にプラティ↓
そういえばあんなにいた仲間が・・・

そして、なんとかイルミネートゥスゴールドを収めました↓
なんとかカメラに収めました。


そのイルミネートゥスゴールドを始め数匹のコリドラス達の井戸端会議スペース↓
井戸端会議。


水換えをしたのでCO2が補給され、水草にも気泡がついていました↓
半分赤で半分緑。


携帯電話機種変更

2006.05.14(22:40)

ついに今まで使っていた携帯電話がすぐ充電池が切れたり、ボタンの一部が押しても認識しないといった問題が出てきたので機種変更することにしました。
そして選んだのがワンセグ携帯です。
これでどこでもTVが観れるんですね。

っとまぁ、ここまでは別に対してブログに関係はないのですが、今回買い換えたことで内蔵のカメラの質が良くなりました。
以前のはどうも綺麗に撮れないと思っていたら31万画素だったんですね。
それで、今回のは200万画素です。
なので、デジカメで撮る時は勿論従来どおりですが、携帯電話で撮る時も以前よりは綺麗にブログに載せることができるようになると思います。

まだ取扱説明書を読みつつなので操作が不慣れですが、何度か撮って慣れたいと思います。

空想コリドラスサッカー

2006.05.13(22:30)

今夜はTVでサッカーの試合を放送していましたね。
日本対スコットランドということで、結果はなんにしてもお互いよく練習していてテレビの解説でも、
「組織的なサッカーですねぇ~」
などと言ったコメントが聞かれたりしています。

普段は大人しくおっとりのコリドラスも時にサッカー選手化しますね。

まずは餌のタブレットをあげた時です。
水中へボールならぬタブレットが投下された時がキックオフの瞬間ですw
各選手一斉にタブレットに向かって突き進みます。
後ろから奪おうとしてくる者には体を入れてディフェンス姿勢ですし、時には強引に隙間をすり抜けて自分の持ち場へ口で転がします。
たまに、あまりにタックルが激しいのでお互いの口ひげと口ひげが接触する場面も多々あります。
この辺は攻撃姿勢が見られていいですね。

ある時には、加速して相手選手の上へ上がって曲芸でもしているような姿勢になっちゃったりしますね。
3匹重なればだんごならぬ「コリドラス3兄弟」の出来上がりです。(メスの場合は「コリドラス3姉妹」とでもいうのでしょうかね)

他のケースでは、網で掬われそうになる時です。
この時は全員がラインを引いてディフェンス姿勢になります。
ある者は相手をひきつける様な動きをして翻弄し、またある者は固まって逃げます。
巧みに流木を利用した死角からこちらの出方を呼吸を荒げて窺っているのです。
人間としても網の中へ入れてゴールまでこぎつきたいので必死です。


サッカーボールの模様や形をしたコリドラスフードがあったら是非2種類のコリドラスに分けてどんな風に取り合うか見てみたいもんですね。
その時は、是非キーパー役には胸鰭でつかんで守護神のような活躍もみてみたいものです。

酸素をおいしく

2006.05.12(22:07)

プシュー、くるくるくる。
熱帯魚屋さんの店員は実に手際よく専用の袋に水と魚を入れて酸素を注入し、輪ゴムで締めますね。
熱帯魚を輸送する際には欠かすことが出来ない事の一つに酸素を入れるという作業があります。
酸欠防止ですね。

なんでこんな話をし出したのかと言いますと、なんでもセブンイレブンが白元と共同で人間用の酸素販売を始めたというのです。
エッセンシャルオイルで香りを付けた酸素を吸う缶「オーツーサプリ」という製品だそうで、5月下旬に発売を予定しています。
ペパーミントの香りの「オーツーサプリ 頭脳カン」と、グレープフルーツの香りの「オーツーサプリ カラダカン」の2種類があり、酸素濃度は95%で、いずれも香料には天然のエッセンシャルオイルを使用しているというのですからおいしく酸素を食べられるんですね。

容量350mL強のスプレー缶に、圧縮した気体を3.2Lが入っていて、1回あたり2秒の噴射で約35回使えるそうです。
気になるお値段は、1個あたり税込みで600円です。

水をペットボトルで買う時代になってきたら、ついに酸素まで買う時代に突入してきたという訳です。
そのうち、熱帯魚と一緒に飼い主も酸素を補給しながら熱帯魚屋さんへ行く日が来るのもそう遠くないのかもしれませんね。

6月号雑誌レビュー

2006.05.11(23:01)

さて、毎月恒例となってきました熱帯魚雑誌発売レビューの日です。
家の近くの本屋さんへ行きましたら『アクアライフ』と『楽しい熱帯魚』しか置いてなかったので、だいたいがネット上からの仕入れ情報です。
例の如く右側の画像を最新のものに変えてありますので表紙も併せて御覧下さいね。


『アクアライフ』
今月の表紙は水草ですね。しかも気泡がプックリしている瞬間です。
中身の特集は「水草水槽に挑戦!」と題して、これから水草育成を始めたい人からワンランク上の水草育成術を知りたい方までを幅広く満足させてくれるような内容になっています。
逆に、水草に興味のない人には・・・ねぇw
それでも、他の情報も満載ですので買っておいてソンはない一冊です。


『楽しい熱帯魚』
表紙はレッドテールキャットですね。愛らしいフェイスがなんともいえません。
大型魚を序盤では紹介して、水槽サイズに関しての話題などが書いてあります。
又、質問コーナーではエピプラティス・アニュレイタスの繁殖と稚魚の育成について触れていました。


『フィッシュマガジン』
表紙は南米シクリッドですね。シクリッドファンお待たせしましたという感じです。
あの東熱帯魚研究所が贈る繁殖データを色々書いてくれています。
他には、コリドラス・プンクタートゥスやリネロリカリア・ファラックス、オレンジフィンカイザープレコ、カエルレウス、クリプトコリネ・ピグマエアといった言葉にビビッと来た方は買いですよ。


『アクアジャーナル』
表紙には「コイする季節」と題して、コイ科の小型魚が似合うレイアウトを紹介するような内容になっています。
又、新潟県中越地震から一年数カ月経った錦鯉の里の様子をレポートしているようです。
ピンク色の表紙文字が目印です。


さて、いかがでしたでしょうか?
今回も触り程度くらいしか書いていませんので、是非お店を訪ねて実物を見てみてくださいね。

更新あいちゃった&色々思うこと

2006.05.10(22:47)

「毎日更新」をモットーに質では皆さんのブログに適わないので回数でと思っていたのですが、今回またもや1日間あけてしまいました。
仕事で帰ってサッカー見終わったら疲れで意識失いかけて寝てしまいました。
皆さんも疲れたら素直に寝たほうがいいですよ。

さて、なんだかんだで明日は熱帯魚雑誌の発売日ですね。
ということは、恒例のレビューの日です。
できたら前日にできればいいんでしょうけど、やはり現物を見てからの方が色々かけますしね。

そういえば、今日の新聞にパソコン系の雑誌で廃刊が相次いでいるという記事がありました。
近頃じゃ無料でインターネットから情報を仕入れることができるので、パソコン系の雑誌でお金を払ってまで知ろうという傾向が薄まってきたようです。
パソコン系の雑誌に限らず、書籍関係の売り上げ部数は年々減少傾向にあるそうですね。
熱帯魚の話題も毎年同じ事を言っているような記事があるので、その辺は改良をしていかないと購読者も減るのじゃないですかねぇ。
いっそ、特典を付けてもいいと思うのですよ。

例えば、毎号付いてくる点数券を集めて10ポイントで2000円コースでコリドラスの可愛い柄のTシャツとか、20ポイントで4000円でコリドラス柄の可愛いネクタイを購入できるとか・・・。
って、全部コリドラスになってますが例ですのでお気になさらず。

テトラでは「テトラモンスター」や「テトラスナッキー」を購入して応募すると抽選でレッドテールキャット柄のアロハシャツをプレゼントなどしていますが、あれは是非とも一般にネット販売などしてもらいたいですね。
どうも「熱帯魚柄」となると海水魚であったりする場合が多いので、淡水の熱帯魚をメインにした洋服でさりげないデザインをどこか作ってくれないものですかねぇ。

黄金週間終わり

2006.05.08(21:55)

ゴールデンウィークも気づけば終わりましたね。
いくつかのブログを回ってご旅行をされた方もいらっしゃったようで、よい思い出になるといいですね。

ちょうど昨日1週間分のテレビ番組の録画予約をしていたのですが、魚関係っぽい番組があるようなのでご紹介しておきますね。
(たぶん食べる魚ではなくドキュメンタリー風ですね)

・05/08(月) 後10:00 >> 後11:00  NHK総合
「落差1000m天空の滝▽決死撮影ピラニア大群▽5mのワニVS野牛ヌー▽潜水する猿」
説明:NHKとイギリス・BBCの共同制作による地球紀行。第2集は世界一の滝・エンジェルフォール、神秘の湖・マラウイ湖、世界最大の川・アマゾンの不思議と魅力に迫る。南米のギアナ高地は高さ数千メートルにもなる切り立ったがけがそびえ、地球最後の秘境と呼ばれる。そこに落ちる高さ1000メートルにもなるエンジェルフォールの迫力を特別な撮影機材で伝える。アフリカ南東部にあるマラウイ湖は数百万年もの間、周囲の環境から隔絶されてきた。湖には自分の稚魚を口の中で育てるカワスズメの仲間や体の周りに電気を発生させて獲物を感知するドルフィンフィッシュなど、独自の進化を遂げた生き物が数多く生息する。一方、南米を流れるアマゾンの流域面積は日本の20倍に達する。川には確認されているだけでも3000種以上の魚がすむ。ものの1分で獲物を骨にしてしまうピラニア、濁った水中を超音波を使って自由に泳ぎ回るアマゾンカワイルカなどの生態を紹介する。

って気づいたら今夜みたいですねw
再放送あるのかなぁ。

ついでにショップ(Part2)

2006.05.07(22:05)

海水魚店。

さて、「ついでにショップ」のPart2です。
えっ?Part1なんかあったっけと思いましたか?
じゃあコチラをw

今日は家の者の用事について行って東京都は大田区の蒲田へ行きました。
私は家の者が用事をしている小一時間の間暇があると思ったので、事前にじゃあ近くに熱帯魚屋さんがあるかなと検索したのです。
そこで一番駅から近いであろう熱帯魚屋さんへの道をプリントアウトして持って行きました。

それで、本日の写真のお店へ行った訳です。
名前は「PET TAJIMA」さんのようです。
ちなみにHPはココ
事前に調べた中では淡水よりも海水魚が多いという事だったのですが、実際入ってみると・・・これは海水魚専門店ですねw

「いらっしゃい」
と店長らしきおじさんに声をかけられ入ったものの名前を知らない海水魚が所狭しと泳いでいるのを見て、いやはや私の分野外だなぁと思いました。

それでも、壁側には淡水魚もいましたよ。
ただ、水槽に貼ってある魚シールがもう既に水槽内にいない魚もずっと貼られたままなので、その辺はちゃんと更新していただきたいなと思いました。

入り口付近には何やらオーラ(?)的に常連客らしき人が座っていましたけど、海水魚ファンならば1度は見てみる価値のあるお店だと思います。
種類が豊富なので、下手な大型熱帯魚店よりも海水魚に関して言えば上回っているように感じましたしね。

この話題の詳細な裏話はスカーレットジェムさんの所のSNSで書きますので、ご興味のある方御覧下さい。



トップ画像加工完了

2006.05.06(21:56)

昨日に引き続いてトップ写真にうちの魚たちの画像を載せました。
肝心のオルナートゥスホワイトフィンやイルミネートゥスゴールド、サイアミーズフライングフォックスの画像でピントがあっているものがなかったので今回は載せませんでしたが、綺麗に撮れ次第追加で載せますね。

最上部に載せれば何を飼っているか一目瞭然ですよね。

トップ画像差し替え

2006.05.05(23:57)

何やら熱帯魚ブログらしからぬ画像になりましたが、季節を感じるということで。

30枚撮ってきた公園での写真の中から「夏に向かう春」というコンセプトの元選んだ1枚です。
そのうちに右側にコリドラスの写真でも上から付け足そうかなと思ったりしています。
気温も25℃を越えてもおかしくない日が続いていますね。
気温が上がれば水の減りが早くなりますし、水槽用ファンを使えば尚更気化熱で水が蒸発するので足し水などをしないといけなくなりますね。

撮影の日

2006.05.04(22:38)

今日は家の者と一緒に近くの公園へ行ってきました。
そこの公園は県立だかの大きめの公園で、池などもある敷地面積の広い場所です。

何を目的に行ったかといいますと、一つはまぁ春ですし風景を楽しみにというのが一つともう一つの目的としてこのブログのトップで使えそうな写真を撮影するためです。
ちょうど花なども幾つか咲いていましたので素人ながら写して来ました。

帰宅して疲れているのもあってまだ更新していませんが、明日当たりにでも早速トップ部分を模様替えしたいなと思っています。

テンプレート変更

2006.05.03(23:23)

とりあえずテンプレートを変更してみました。
ただ、トップ部分の画像はテンプレートそのままなので今度デジカメで春らしい画像が撮れたら差し替えたいと思います。

さすがに桜の花びらはもう街で見かけませんからね。

そろそろ模様替えかな

2006.05.02(21:12)

さすがに桜も散ってしまいましたし、昨日は気温が30℃近くになったりと春でも夏へ着実に向かっているのでブログのデザインもそろそろ変えようかなと思っています。
どんなテーマがいいですねぇ。

巡回しているみなさんのブログを参考にしながら考えたいと思います。

暑かったですね

2006.05.01(21:54)

いやぁ、今日は暑かったです。
東京でも30℃近かったのでまさに夏という感じでしたね。

こう暑い日がきますと夏物機器が売れそうですね。
水槽用の扇風機も結構省スペースで収まるものが出ててきていますので、小型水槽や水槽用のライトがあっても取り付けし易くなりましたしね。

昨日の記事で書きました「水草くん」という水草用のおもりですが、結構使用感想のレポートを聞きたいという声がありましたので、使ったときは載せますね。

2006年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ショップ立ち寄り(05/31)
  3. 赤い水槽(05/30)
  4. 水換え&ブリーディングウォーター添加(05/29)
  5. 鮎の遡上シーズン(05/28)
  6. 餌の選択(05/27)
  7. 巡回数(05/26)
  8. 懸賞のご案内(05/25)
  9. ペットに入るか否か(05/24)
  10. お手軽検索(05/23)
  11. セールにつられて(05/22)
  12. 寄ってくる魚(05/21)
  13. 束縛からの解放(05/20)
  14. ビオトープ小学校(05/19)
  15. 透明度良好(05/18)
  16. 早速パシャリ(05/17)
  17. コケとり要員(05/16)
  18. 水換え&「水草くん」使用レポート&魚近況写真(05/15)
  19. 携帯電話機種変更(05/14)
  20. 空想コリドラスサッカー(05/13)
  21. 酸素をおいしく(05/12)
  22. 6月号雑誌レビュー(05/11)
  23. 更新あいちゃった&色々思うこと(05/10)
  24. 黄金週間終わり(05/08)
  25. ついでにショップ(Part2)(05/07)
  26. トップ画像加工完了(05/06)
  27. トップ画像差し替え(05/05)
  28. 撮影の日(05/04)
  29. テンプレート変更(05/03)
  30. そろそろ模様替えかな(05/02)
  31. 暑かったですね(05/01)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。