スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

グーテンターク!

2006.03.31(22:44)

はじめまして、グーテンターク。

まずは写真をご覧になって

「こんな魚飼ってましたっけ?」

というお声が出るかと思います。
そう、今日はショップへ行って来ましたよ。

何を勘違いしたかサッカーの日本対エクアドル戦の余韻も残っていたこともあってか、ふといつもは気にも留めないコーナーへ・・・。
む・・ドイツラム・・。値段・・・約3000円・・・。
・・・・日本勝つといいなぁ・・(半分意味不明)。

とまぁ、サッカー日本代表を応援する気持ちでW杯開催地であるドイツにちなんでドイツラムをペアでご購入です!
たぶん今までで1,2位を争う高額な魚の買い物でした。(今まで安い魚しか買ってなかったんだもん)

上はオスのようで、下はメスだそうです。
はるばるドイツより参りました。

小型で餌をあげようとすると水面へあがって欲しがります。
あぁ・・・うちのコリドラスとは大違いw
ムシャムシャとカラシンフードを食べましたよ。
ちゃんと底に落ちた餌も拾って食べて食べ残しなし!!
落ちた餌に見向きもしない魚がいる中で、キチンと食べてくれる魚をみるとうれしいものです。

そうそう、このドイツラムペアはパイロットフィッシュとして入っていたアカヒレの所に入れました。
代わりにアカヒレは60cmの本水槽へご帰還です。
水槽立ち上げご苦労様でした。

このドイツラムはお店では「ジャーマンラミレジィ」(ドイツラム)と明記されていて、本場ドイツのブリード個体だそうです。
はるばるドイツから来たんですねぇ。

他にも「レッドコーラルプラティ」と書かれた赤いプラティを5匹購入して、激安セール中だった10匹98円のネオンテトラも買いました。(たぶん数匹は落ちるんでしょうけどね)

そのネオンテトラの入っていた店内の水槽ですが、今回店員さんへ聞いたみた所撮影許可出たので写してきました!!
歳末セールに群がるが如き混み様。
・・え・・よくわからないですって?w
まぁ、ものすごい密度で水槽の中にいましたよ。
普通に網を入れて上に上げるだけで数十匹取れるんですからね。

生体以外にももちろん買ってきました。
購入した主な商品。

これは買ったものです。
水作エイトのMを2個と外部式フィルター用の交換マット2種類にセール中だったので購入したエアーポンプですね。

30cm水槽を両方とも水作エイトMのモノボール入りにするために今回通常版の製品を買ってきたわけです。
とりあえず、ドイツラム水槽に入れてみると。
濾過器の近くに2匹いるの分かります?

こんな感じです。
水作エイトSでほぼいっぱいだったモノボールがMサイズでは半分ほどの量になってしまうんですね。
近日中に60cm水槽の外部式フィルターにある濾過バクテリアが付着しているであろうモノボールをこちらへ追加する予定です。

最近たまに文字の途中に絵文字入れてみていますが、皆さんの環境でちゃんと見れていますか?
ない方がよいという御意見があったら自粛しますので言ってくださいね。
スポンサーサイト

そういえば色違いがでますね

2006.03.30(16:05)

一昨日の記事で水作かスポンジフィルターかと質問をして、色んな御意見を頂戴いたしました。
コメントして下さった皆様ありがとうございました。

水作のホームページには何やら水作エイトの期間限定色バージョンが発売されると載っていますね。
今までは透明な外観の水作エイトのみでしたが、緑・赤・黄・青の4色ができるんですね。
スケルトン仕様でいい感じです。
ただ、大きさがSサイズのみなんですね。
できればMも出して欲しかったですよ。

コリドラスはよくムシャムシャ食べるので排泄物も多いですよね。
なので、スポンジフィルターよりも水作あたりがよいのではないかと結論に達しました。
Mサイズの40~45cm以下水槽用(35L以下)用を使って中身を60cm水槽で使っているモノボールにしようかと思っています。
ただ、できればこのワンランク上のニューフラワーDX、45~60cm水槽用(55L以下)用がいいのですが、30cm水槽にこのサイズだとコリドラスなどの底物魚は遊泳場所減りますよね。

そういえば、水作の「水作エイトブリッジ」シリーズは上部式フィルターですが、中身に30cm水槽用のSサイズの水作フィルターが3個も入っているんですよね。
普通1~2個くらいしか水槽に入れないことを考えると、それだけでもだいぶ濾過能力がありそうに感じますよね。

個人的に「水作エイトブリッジ」のLにのみついている好きな濾材を入れられる容器を単体で発売して欲しいですね。
そうしたら、簡単に水作エイトの中にもリング状やモノボール、砂やウールなど好きな自分好みの濾材を入れられますしね。

地震への備え

2006.03.29(21:57)

うちの方では昨夜地震がありました。
まぁ、いままで何度も地震はありますが、30cm水槽を導入して初の地震だったので多少なりとも不安でしたよ。
結果は震度2でしたが、メタルラックは微動だにせずw
さすが突っ張り棒ですね。

ただ、ラックはよくても水槽内の水は少し揺れました。
これで震度5でもきたら危なかったかもです。
何が怖いって、こぼれた水が床に浸水したりコンセント部分にかかってしまうのがこわいんですよね。
地震大国で魚を飼う以上、世界一の地震対策をした水槽設備が必要なんでしょうね。

みなさんのお宅の水槽周りは何か地震対策していますか?

どうすべきか

2006.03.28(22:16)

ある意味想定内だったんですけどね。
30cm水槽は60cm水槽よりも水質が安定しないのは。
ですが、この「想定内」という言葉。
流行語にもなりましたが、得てして言った後には「想定外」へ変わる予感大ですねw

片方のモノボールがたっぷり入った水作エイトの水槽はピカピカです。
一方、台湾製スポンジフィルターの入った水槽は相変わらずうっすらと水が白いです。
明らかにバクテリアの立ち上がりが遅いんですね。

モノボールやリング状濾材は、60cm水槽の外部式フィルターにタップリ入っているのでそこから移せるのでバクテリアが住み着いている濾材を使うことができるんです。
しかし、スポンジフィルターとなるとそうもいきませんよね。
稚魚が吸い込まれるのを防いだり、洗うのが簡単だったりするスポンジですが、好きな濾材を使えないという欠点はあります。

このままこのスポンジフィルターで使うか、もう片方のように水作にバクテリア付きモノボールなどを入れたものを投入するかどうしたもんでしょうかねぇ。

一番は、メインとサブの濾過を入れればいいのでしょうが、30cm水槽って結構小さいので遊泳スペースが減るんですよね。

水換え&フィルター掃除

2006.03.27(23:29)

今日は久々に水槽の掃除をしました。
さすがに30cm水槽から何やら匂ってきたのでね。

まずは30cm水槽2台の掃除です。
水を2/3程換えました。
ここにきて台湾製スポンジフィルターとモノボール入り水作の効果の差が出てきたように感じます。
モノボール側の方が水が綺麗なんですよねぇ・・。

さらに、60cm水槽の外部式フィルターから今回48個のモノボールを取り出して30cm水槽の方へ入れました。
モノボールの色がバクテリアがついているとだいぶ濃い色になるんですね。

その60cm水槽の外部式フィルターですが、ホース部分が汚かったので、以前購入したホース掃除用の製品を使用してみました。
感想は・・・すごく落ちます。
まさにかゆいところに手が届くといった感じですね。
ただ、強いて言えばもうちょっと長さが欲しかったですね。

水槽が1台から3台になって掃除が大変かと思っていましたが、以前は最高4台あったのでそれを思えばまあまあできました。
これで5・・6・・と増えたらどうなるかわかりませんけどね。

ボロボロに・・・

2006.03.26(22:48)

うちのコリドラス達にあげている餌はキョーリンのコリドラスフードで、匂いに反応してゴソゴソ集まっては突いてくれるので安心してあげていたのですがどうも様子が変なのです。

口に砂と一緒に入れるのですが、砂と一緒にボロボロとエラから出てきています。
お腹が痩せている訳ではないので食べてはいるのでしょうが、食べずにえらから出てくる物なのでしょうかね?

以前、生きたイトミミズをあげた時にはエラから少しイトミミズが出てきた時があったので、それと同じようなパターンかなと思ったのですが気になります。

コリドラスを飼っている(飼っていた)方で、こういう経験ありますか?

餌の大きさと味付け

2006.03.25(21:20)

うちではコリドラス以外の魚用に昨日まではキョーリンのグッピーフードをあげていたのですが、その餌を使いきりました。
底面の品質保持期限を見ると2007年1月14日と書かれていますので、無事期限内に与える事が出来た訳です。

代わりに今日からはキョーリンのカラシンフードになりました。
パッケージの写真では粒の大きさが同じくらいに見えたので、値段などの兼ね合いも考えてこちらにしたのですが、いざ蓋をあけて餌が出てくると・・・だいぶグッピーフードよりも粒が大きいんですね。
てっきりカーディナルテトラの写真が貼られていたので、そういう系でも平気なサイズかと思っていたのですが見た目は大きいです。
実際、うちのネオンテトラへあげてみた所、ガブッと口に入れたら少しモグモグしないと次が口に入りませんw

ではここでそれぞれの餌でお互い片方しか入っていない原材料は何かを調べてみました。

グッピー用:魚油、植物油。

カラシン用:とうもろこし、グルテンミール、スピルリナ、アルファルファミール、ガーリック。

こうしてみますと、グッピー用はカラシン用よりも油系が多く使用されているような印象がありますよね。
実際、成分を比較するとなんとカラシン用の2倍分グッピー用には粗脂肪が含まれている事が分かります。
ということは多少脂っこいのかな?

逆に、今度はカラシン用の方はグッピー用よりも多く粗繊維が含まれているようです。
繊維質ということは便通が良いんですかね。

こうして比較してみると一見似ていそうな顆粒フードですが、成分が目的の魚種によって個性をもたせているんですね。

そうそう、先ほど挙げたカラシン用フードに「アルファルファミール」という言葉が出てきましたが皆さんはこれなんだかご存知ですか?
私はよく分からなかったのでちょっと調べてみました。

アルファルファミールとは、マメ科牧草のアルファルファからできるそうです。これには、牧草のアルファルファ味があるらしく、モルモットなどは好んでこの味がお好きなようです。
栄養素として、アルファルファ100gに含まれるカルシウム量は約1480mgなんだそうです。
これは、イワシやチーズに含まれているカルシウムとほぼ同量の割合だそうで、カルシウムたっぷりな食べ物なんだそうです。

そういえば、このほどテトラ社から発売される熱帯魚用スナックフード「テトラスナッキー」には「魚の好むオレンジ味」と謳っており、熱帯魚って案外美食家なのかもしれませんね。

今週も入荷せず(Part5)

2006.03.24(23:32)

今日は恒例ともなってきました熱帯魚屋さんへ在庫確認の電話をする日でした。
今日は用事が色々あり、閉店間際に電話をしたのですが問屋さんになかったようです。
この寒い時期に南米便が多いと聞いていたので、そろそろ3月も終わり入荷も難しいのかなと思って訊くと、なんでもスポット入荷というのがあるそうですね。

日本の気温が低くなってきている時期には比較的南米航路の直行便が多いそうで、ペルーなどからコリドラスが色々入ってきます。
それとは別に、これからの温かくなってくる時期にはスポット入荷と言って種類ごとにスポット的に入荷されるということです。
なので、全体としての量はピークでなくてもその中に珍しい種類も引き続き送られてくるというわけですね。

熱帯魚屋さんなどはこういう裏情報?を知っているのでしょうが、一般の消費者はお店へ行ってみてあるかないかを確かめるくらいですよね。
これからも、親しくなって色々耳寄りな情報を手に入れたいですw(なんか目当てのコリドラスよりもマル秘情報に興味が移ってきそう)

1匹召される

2006.03.23(23:02)

早速訃報です。
といっても、コリドラスではありませんよ。

今日帰宅して水槽へ目をやるとコリドラス・ステルバイがつついている光景が目に付いたので、最初のうちは何をつついているのだろうと思っていたのですがよく見るとブラックモーリーだったんです。
そういえば、昨夜水底にお腹をつけて休んでいるような仕草を見ていました。
別段、珍しいことではなくたまにそうしていたのでそれほどまでに注視していたかったのですが、良くない事が起きる予兆だったのでしょうね。

よく食べてはアカヒレを追い掛け回す元気なブラックモーリーのメスでしたが、最期の網で掬ってあげた時のなんともいえない重みは生前しっかりと餌を食べていた重みのようでもあり、命というものが収まっていた重みのようにも感じました。
きっと、大型魚であればあるほどこの網で掬ってあげた時の重みは在りし日の姿を思い出させるんでしょうね。

やっぱり同種かな

2006.03.22(23:03)

色が戻ってきたみたいです。

数日に渡るオルナートゥスホワイトフィンなのかアガシジィなのかという考察ですが、水槽へ移って少し落ち着いてきたようで体色が戻ってきましたので写真に収めました。
右がメスで左がオスです。(たぶんね)

右のメスは先日は色が薄くて物議を醸しましたが、こうして体色が戻ってくると左となんとなく似ている気がします。
体格がオルナートゥスホワイトフィンの方が若干あるようですしね。

比較してみる

2006.03.21(16:45)

Who am I ?

ブログの模様替えをしてみました。
折しも今日、東京はソメイヨシノ開花ということで春めいてきました。

何人かの方に昨日の写真の2匹が同種とは思えないとのコメントを頂き、私自身も不安になってきたので似ているもう1匹の写真を今日掲載しました。
うちではこの模様に類似しているのはオルナートゥスホワイトフィンかアガシジィしかいません。
今日の写真の魚はアガシジィだと思っていたのですが、是非目の肥えた皆様の御意見を頂戴したく存じます。

参考までに『コリドラス大図鑑』より両種の特徴として、

オルナートゥスは「尾びれには明瞭なバンドが入り、体側に入る3本のラインのうち、背部側のラインも尾びれのつけ根まで達する。」

アガシジィは「背びれの棘条に沿って、棘条と軟条の間の膜がライン条に黒くなっている、体高がアムビアクスよりも低い。」

だそうです。

綺麗に撮影できたかな

2006.03.20(23:05)

アカヒレのお陰もあって片方の水槽は透明になりましたので、今日そこへコリドラス・オルナートゥスホワイトフィンの2匹を移しました。
どうやら少し大きくなる種類のようで60cm水槽にいる他のコリドラスよりも大きいので移してみました。
とても臆病ですばしっこいので苦戦しましたが、一旦電気を消して寝ぼけているうちにカメラで収めました!!
たぶんメス。

いかがですか?
自分なりにはかなりうまく撮れたと1人で喜んでおりますw
さらにもう1匹は、
たぶんオス。

こちらの方が体色がはっきりしています。
アガシジィにも一見似ているように見えるのですが、実際に見比べるとやっぱり違うんですね。
隠れ場をなくした水槽へ移した事で少し逃げずに落ち着いてきた感じがしています。
だんだん人間にもなれて寄ってくるまでになると嬉しいのですがね。

そういえば、この新水槽設置を機にそろそろブログも模様替えでもしようかと思います。

そして、透明へ・・・

2006.03.19(23:20)

ほぼ透明になりました。

やっぱり予想通りに白濁りが発生した新規水槽ですが、昨日投入したパイロットフィッシュのアカヒレが見事にやってくれました。
そうです、一晩で透明になりました!!

やはり、既存水槽からの水を加えた点やバクテリアの素を入れたり、パイロットフィッシュを入れたからですかね。
その素晴らしい仕事をしたアカヒレです。
パイロット。

2台の水槽に1匹ずつ入れています。

これであと数日したらパイロットは本水槽へ帰還させて、いよいよコリドラスのお引越しです。

部屋の蛍光灯だけでも明るいかと思っていたらやはり心なしか暗いのと、部屋の出入りの度に明かりが点いたり消えたりするのではあまり魚にはよろしくないと考え、以前購入してあった小型水槽用の22W蛍光灯を使ってみることにしました。
この蛍光灯は、オールガラス専用のものなのですが、なんとうちの30cmのオールガラス水槽は分厚いらしく固定できません!!
なんとも想定外のことが起きてしまいました。
オールガラス専用でオールガラス水槽に使えないなんて・・・。

そこで、メタルラックの一つ上の棚に蛍光灯を乗っけて上から下へ照らすようにしてみました。
棚がスチールで組み合わされているからこそできた訳ですね。
結果は・・・すごく明るいです。
俯瞰写真。

60cm水槽用の蛍光管1本が20Wのものが多い中で、これは小型で22Wなので明るいんですね。

今月号の『アクアライフ』の小型魚特集にも書いてありましたが、小型水槽であれば本数を多くできる可能性がありますし、その分飼えるバリエーションも増えるんですよね。
ああぁ、まずい・・・こうなってくると色々小型魚が欲しくなっちゃう。

パイロットフィッシュ

2006.03.18(23:20)

60cm水槽にいたアカヒレを30cm水槽に入れました。
アカヒレだったらある程度丈夫ですしね。
一晩30cm水槽で過ごしてもらって確認したら無事元気だったので、このまま数日は水質安定に一役かってもらうことにしました。

水作の入っている水槽は障害物がなく奥に隠れていても分かるのですが、スポンジフィルターの水槽はスポンジが大きいので反対側に逃げられると姿が全く見えません。
うちのコリドラス達は逃げる習性のようなものがついているので、全員入れたら逃げたりして。

やっぱり白濁り

2006.03.17(23:10)

うっすらと濁り。

大方昨日の予想通り白濁り発生です。
もう片方の水槽もこんな感じです。
こちらの水槽も。

ここで、台湾製のスポンジフィルターに同梱されていたバクテリアの素を思い出しました。
これね。

怪しげな粉。

早速入れてみました。
バクテリアの粉。

・・・・・。
水面に白い粉の膜ができました。
まぁ、水槽内に何の生物も入れないのではバクテリアもなにもあったものではありません。
今、家にいる魚の中でパイロットフィッシュになりそうなのは・・アカヒレですかねぇ。
丁度2匹いるので1匹ずつ入ってもらって水質をとりあえず安定させたいなと思っています。

そうそう、帰りに毎週のコリドラスの入荷チェックを電話でしましたが、今週も入荷してなかったそうです。
まぁ、今入荷されても水が出来上がってませんしね。

初お披露目

2006.03.16(21:39)

いかがですか?

本日は写真をいっぱい用意しましたよ。

まずは組み立て終わって水槽などを設置した外観です。
1段あたりの高さに余裕をもつように組み立てましたので、いい感じです。
なんか夢のようで思わずニンマリです。

続いて個別に水槽を御覧にいれましょう。
まずは右側の水槽。
右側の水槽。

こちらにはフィルターとして水作エイトを選びました。濾材はモノボールを使用しました。
さすがに多孔質というだけあって、最初洗った時に小さな気泡がいっぱい出ました。
こちらは完全ベアタンクにしてあります。

お次は左側の水槽。

左側の水槽。

こちらはコリドラス用の砂を入れました。
砂の触った感触は、砂浜の波打ち際の砂といった感じです。
非常に細かくて粒子が軽いので、少しでも水の勢いがあると舞いそうです。
なので、当初こちらにも水作エイトを入れようかと思ったのですが、砂を巻き込んで詰まらせる可能性があったので、台湾製のスポンジフィルターを入れました。
このスポンジフィルターは以前私が改造を施した物です。

じゃあ2つの水槽を上から見てみましょう。
上から見るとこんな感じです。

いかがですか?
予想通り、横に置くと2台が丁度よく収まりました。
縦にすると丁度3台置けるはずです。(別に3台置く予定だとは言ってませんよ)
メタルラックを選ぶ際に、横が60cmチョットで奥行きが30cmチョットのものを選んだのは、30cm水槽を縦においても横においても利便性がよいサイズだと思ったからです。

では、餌などを置く場所を御覧下さい。
餌などを入れました。

メタルラックのサイド部分に先日100円ショップで買ってきたラック用のカゴをかけました。
深さも大きさも丁度よくて良かったです。

じゃあ次は水質調整剤の置き場です。
水質調整剤などを入れました。

こちらは先ほどの餌用のカゴと同じものです。
ただ、運がいい事にテトラのコントラコロラインやアクアセイフなどの入れ物が丁度よく入る幅でした。
こうなると他にもテトラバイタルなども置きたくなりますw

網などはここへかけました。
網などはここらへんにかけます。

これは丁度、餌入れのカゴの一段下になるのですが、ラック専用フックをこれまた100円ショップで購入したので、網などをかけるようにしました。
他にも何か掛けれそうです。

最後の写真は突っ張り棒の部分です。
突っ張り棒です。

例のたまごっちのシートと間違えて到着が遅れた品です。
でも、効果ありそうですよ。
ただ単にメタルラックを組み立てた状態では少しゆすってみるとグラグラするのですが、突っ張り棒で固定するとちょっとやそっとのゆれではビクともしません!!
これで若干の揺れ対策にはなったかなと思っています。

写真を一通り御覧になっていただきましたが、水槽の写真には生き物が入っていませんよね。
今回水の8割が新しい水で2割が60cm水槽からの水を入れています。
水槽立ち上げ時のバクテリア不足などで発生する白にごりを抑えられればと思っています。
あとはライトもつけていませんが、メタルラックという特性上金属の棒同士の隙間から光を通るので部屋の光でも十分明るいのです。
しかも、棚1枚1枚に敷いている硬化シートは透明なのでこれまた光を通過させてくれます。
この硬化シートのおかげで水槽の底面にはまんべんなく力が加わるようになるので、水槽が壊れるのを緩和してくれるはずです。

今は水温を約25℃でエアーレーションをしながら水を循環させています。
明日かあさってあたりにパイロットフィッシュを入れて水槽内のバクテリアを増やそうかと思っています。

メタルラック部品揃いました

2006.03.15(21:59)

今日は不良品だったメタルラックのポールの交換品が届きました。
これでようやくすべての部品が揃った訳です。
早速組み立てようかと思ったのですが、1日の疲れが出たので明日やることにします。

話は変わって、一昨日は帰りに大きな書店へ寄って『アクアライフ』を購入してきましたよ。
購入前に本屋の近くに金券ショップがあるので図書券を2枚購入。
さらに本屋では何やら税込みで879円という数字で定価よりも1円安かったですw
金券で30円、お店でなにやら1円。合計で31円も安く買えました。
ということで今回の『アクアライフ』に支払った代金は849円です。
こういうケチなことをするとみみっちく思われそうですが、チリも積もればなんとやらです。
書籍は日本全国一律で定価販売が決まっていますので、なんとかして合法的?に安く買いたいものです。

突っ張り棒到着

2006.03.14(23:24)

配送ミスやら製品の初期不良などで中々組み立てることができないメタルラックですが、今日メタルラック専用の突っ張り棒が送られてきました。

まったく何も支えがない状態ではいささか不安があったので、メタルラックと同時に専用の突っ張り棒も買ったのです。
しかも、メタルラック本体のポールの足の部分は前面転倒防止のアジャスターを取り付けます。
これにより上部と下部に地震等の転倒対策をかけました。
ただ、水がこぼれると大変なんですよね。

赤ちゃん用のおむつに使われているような瞬間的に大量の液体を吸収するシートなど売ってないですかねぇ。

そうそう、話題は変わりますが今日帰宅途中に友人といつもと違う道を歩いたら熱帯魚屋さんを発見してしまいましたよw(都内某高速道路沿いにありました)
友人に断って一緒に店内へ・・・。

こじんまりとしている店内ですが、淡水魚も海水魚も亀も両生類もいました。
熱帯魚は小型種が大半を占めていたので、その辺に力を入れている感じがしました。
中でも気になっちゃったのが、スカーレットジェムとレッドシュリンプが一緒にはいっている水槽です。
まさに小型の赤が中層と低層にいて「いいなぁ・・・」とついうっとり。
なんかスカーレットジェムが一躍人気出た理由が分かったような気がしましたよ。

コリドラスではジュリーにそっくりな模様の魚がいたのですが、何やら聞いた事がない名前で売られていて値段は1600円くらいでした。
ワイルド個体と記載されていたのですが、セミロングノーズタイプの感じがしましたね。
買ってもまだメタルラック出来てないので、スルーしましたよ。

やっぱり買いたい気持ちをグッとこらえることをしないと、際限なく(お財布の中は際限ありますが)使っちゃって金欠になりますからね。

メタルラック到着・・・しかし。

2006.03.13(23:48)

メタルラックの梱包箱です。

おまたせしました。
ようやく待ちに待ったメタルラックの登場です!!
はるばる大阪のお店からクロネコヤマトで運ばれていきました。

では中を開けてみましょうかね・・・。
中身はこんな感じに入っています。

こんな感じになっています。
ラックの棚板が詰まっていますね。

1度すべての部品を出して、いざ組み立て開始!!
・・・・・・・あれっ・・・・・入らない・・。
そう、ラックのポールをつなげる接合部がつぶれてて入らないのです!!

しょうがないのでメーカーへ電話。
サポートの方が翌日代わりのポールを配送して、翌々日には届くようにしてくれました。
しかし、お陰で明後日まで組み立て不可になりましたよー。

さらに、不幸はこれだけにあらず・・・。

なんと、メタルラックと一緒に購入したオプションの突っ張り棒がないではないですか!!
でも、購入数と同じ4つの梱包・・。
はて、では代わりに何が入っていたかと申しますと、

たまごっちのデスクシート

これはこれでかわいいのですが、目的のものではないのです。
そこで早速購入したお店へ電話。

サポートさんがお調べしますと一言、数十分後に折り返し電話をかけてきまして倉庫にあったそうです。
そこで、すぐに今日中に配送して明日には届くそうです。

1日で2箇所もサポートへ電話をかけなければならないはめになりましたよ。
呪いのラックでなければいいのですが・・・。

肝心の大きさはまさにぴったりです。
本来であれば今日は組み立て終わったメタルラックの姿をお披露目する予定でしたが組み立てることもできず隅に置いた写真になってしまいました。

結局組み立てられず・・・。

新品水槽も横に置いてまだかまだかと待っておりますw

ということで、メタルラックの完成写真はどんなに早くても明後日になります。
しかし家に届いたのに組み立てられないのは歯がゆいですね。

朝の訪問者

2006.03.12(23:17)

いよいよメタルラックの到着予定が明日になりました。
まだかまだかと思っているとすぐなんですね。

今日の朝に何やら玄関に宅急便の方がきまして、お届け物だというのです。
はて、メタルラックは明日のはずなのになんだろうと思って商品を見るとなんとメタルラックと一緒に頼んだ商品の一つでした。
しかし4つ商品を買ったので1こだけ届いても困りますし、代引きなのにややこしいことになりそうなので明日にまとめて届けてくれるようにお願いしました。

日にち指定なのに早く来たりするんですね。

お昼すぎに買い物にでかけまして、ついでに本屋さんへ寄りましたら『フィッシュマガジン』と『楽しい熱帯魚』がありましたが、『アクアライフ』がありませんでした。
今度別の本屋さんで探してみることにします。

明日は順調に行けばメタルラック到着の話題になりますので、おたのしみに。

4月号雑誌レビュー

2006.03.11(23:21)

さて、毎月恒例?の熱帯魚雑誌レビューの日です。
レビューとはいってもまだ購入してないのでネットでわかる範囲内ですけどね。
でも、そのくらいの方がネタバレもなくて購入してから楽しんで読めるでしょうし。

『楽しい熱帯魚』

さて今月の楽しい熱帯魚は、「おもしろアクアリウム大集合」と書かれていますね。
その他にはブラインシュリンプについての記事があるようです。
改造コーナーもあるそうで、自作派は必見ですね。

『フィッシュマガジン』

今月のフィッシュマガジンは、表紙がレッドテールキャットですね。
特集に「らぶらぶペットフィッシュ」と題してペットフィッシュという言葉に焦点をあてて書かれているようです。シグリッド・古代魚・ナマズ・小型魚別のカタログもあるようなので注目ですね。
もう一つの特集では「日本産淡水魚の世界」をテーマに取り上げています。
水槽用クーラーでもあったら日本の魚もいいですね。
あーでも、そしたら鮎とか食べれなくなっちゃったり・・。

『アクアライフ』

今月のアクアライフは、特集に「小さな魚の世界」と題して小型魚グループ別紹介や水槽セッティング法、飼育解説などもあるようです。
1種類徹底飼育講座ではドクターフィッシュを取り上げています。
この前の記事にも出てきた魚でしょうね。


もう購入された方もいるかと思いますが、まだの方は是非参考に書店へ足を運んでみてはいかがでしょうか?
もちろん、全部買ってもOKですよw

そうそう、右横の各雑誌の写真も最新のものに変えましたので、お店で探す際の参考にして下さい。(大きいアクアライフの写真のみリンク元の都合で若干画像の入れ替えが遅いです)
アクアジャーナルも変更しておきましたよ。

今週も入荷せず(Part4)

2006.03.10(17:06)

今日は週に1度のお目当てのコリドラスが入荷したかどうかの確認をする日です。
なぜ金曜日なのかといいますと、そのお店が問屋さんへ魚を仕入れに行く日が金曜日だからです。
お店によっては水曜日であったりとかまちまちなので、自分の行きつけのお店がいつ問屋さんへ買い付けに行くのか分っていると便利ですね。

電話をしましたら案の定今週の入荷なしでした。
記事名の「今週も入荷せず」が何度も続きそうなので分りやすくPart4としてみましたw
果たしていくつまでいくんでしょうかね。
まぁ、メタルラックが届いて水ができあがってからでも十分OKなので焦ることないんですけどね。

そういえば昨日あたりのニュースでミドリガメの話題がありましたよね。
ボツリヌス菌でしたっけ。
触ったらよく手を洗うようにとのことですが、熱帯魚を飼っている皆さんは水槽を触った後は手を洗っていますか?
私は水換えをした後は二の腕まで石鹸をつけてよく洗っています。
なんせ、スポンジフィルターを洗う際は糞などがついているスポンジをにぎって洗うのでそのままでは汚い事は明白ですしね。

ペットを飼う以上、菌などには気をつけたいものです。

13日到着予定

2006.03.09(22:01)

花粉症でだいぶまいっているほたです。
皆さんは花粉大丈夫ですか?
ここんところ天候が穏やかで風もそこそこあると結構飛散している気がします。
目もそうですが鼻もやられるのはしんどいです

さて、いつくるかと待ちわびているメタルラックですが、今日お店からメールがありまして来週の13日月曜日に到着予定とのことです。
ということは順調にいけばその日の記事にはメタルラックの組み立てている写真なんかをお披露目できる・・・はずです。

棚板は1枚あたり120kg相当のものもあったのですが、大事をとって250kgまで耐えられるものを購入しましたので、60cm水槽を置いたところでびくともしない・・はずです。
ただ、床がビクともしてしまったら大変なんですけどね。

週明けになる見通し

2006.03.08(23:29)

注文をしているメタルラックですが、先日メールでメーカーの方に在庫がないそうで入荷が3月10日ごろになりそうとの内容が届きました。
その後に私の家へ送る手配をして配送になると思いますので、届くのは週明けあたりになると思います。
まだかまだかとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、こういう事情もあって到着が遅れています。
まぁ、このワクワクして待っている時間というのが案外いいんですよねw

お魚アイテム

2006.03.07(22:57)

犬好きなら犬の猫好きなら猫の、そして魚好きなら魚のグッツなどを欲しいとにわかに感じたりしますよね。
でも何やら世間では犬や猫はペットであると大方思われているようですが、魚というと
「わたし秋刀魚大好き」
とか食べる方を指す事もままあるわけですw

何か個性的なお魚グッツないかなと思いネットで調べてきました。

まずはこれ
その名も「お魚ハット」です。

前にテレビでさかなくんというニックネームで人気のイラストレーターの方が被っている帽子を思い出しましたが、売っているんですね。
ピラニア、タイ、サメの3種類があるようですが、サメはどうみてもプレコですw
是非プレコマニアの方は日中の日よけに活用したいものですw

お次はコレ
その名も「お魚かるた」です。

説明に「ユーモラスな絵札と機知に富んだ字札で四季折々の魚に親しめるカルタ。戦時中の1937年ごろ、東京魚市場株式会社が魚食普及の宣伝を兼ねて制作・発行したものの復刻版。」とあり、結構いいもののようです。
かるたという言葉自体最近はあまり聞かないように思いますが、どうですかね。


そういえば、先日とあるお店で金魚柄のネクタイが売られていました。
そのときは買わなかったのですが、今思えは金魚でもなかなか魚柄のネクタイは見つからないので買っておくべきだったなぁとチョッピリ残念です。

メタルラック再注文完了

2006.03.06(20:56)

なんかここ数日はメタルラック絡みの話題ですが、今日再注文を完了しました。

お値段は最初よりも数千円上乗せになったので痛いですが、使い捨てではなく長く使いたいのでそういう意味では良しとしました。
お取り寄せとのことだったので、たぶん週明けになるんじゃないかなぁと思っています。

自宅の水槽では何やら浮かんでいるものが・・。
そう死体です
なんの死体なのか日数が経っている様で分からなかったのですが、雰囲気からしてオトシンクルスかサイアミーズフライングフォックスではないかと思います。

なんで判別が分らないほど遅くになって発見されたかといいますと、見える場所になかったからです。
水草の影響もあって水面へ上がってくるとか、スペースに横たわっているとかじゃないと発見が遅れるのです。
そういう時はつくづくベアタンクがいいなぁと感じる瞬間です。

そうそう、レッドプラティのメスのお腹が膨れて今にも産まれんばかりに見えるのですが、どうなんですかねぇ。
でも、これから設置しようかとしている水槽がプラティ稚魚水槽になると予定が狂うんですけどねぇ・・。

メタルラック注文取消し

2006.03.05(21:34)

今日のタイトル名を見て
「あれ、メタルラック買うのやめちゃったの?」
と思われた方もいらっしゃるでしょう。
まぁ訳があるのです。

今回注文をした際のメタルラックの高さが150cm程度のものだったのですが、よくよく考えてワンランク上の約180cmのものに変更をしようと思ったのです。
丁度折しも今日の午前中に頼んだお店からメールで運送会社の方へ渡ったとの連絡が入ったので、電話をして商品の変更ができるか訊いてみました。

幸い配送前だったので無事キャンセルすることができました。
値段は高くなりますが、何も全部の棚に水槽を置こうだなんて言う訳ではないので(おきたいのは山々ですがね)、収納スペースも兼ねて置けるのであれば後々後悔しない大きさにしようと考えました。

今回の買い物で適用した楽天ポイントは明日以降に戻ってくるそうなので、再度今週中に希望の大きさのメタルラック一式を注文予定です。
なので、たぶん家に届くのは来週中くらいかなぁと思います。

魚で美肌

2006.03.04(21:41)

日本には火山がいくつもありますよね。
そしてその近くには温泉街があるものです。
日頃の疲れを温かい温泉に浸かって癒す・・・いいですよねぇ。
でも温泉は日本だけに限りませんよね。
アメリカにも温泉が入れる町があったりするようですしね。
そしてトルコにはトルコ風呂なんて言ったネーミングもあるほどお風呂があるようです。
そのトルコの温泉には魚がいる所もあるんですね。
今日の話題はそんな温泉魚に関係のある事です。

新江ノ島水族館では今月中はこの温泉にいる魚の特別展示が行われています。
なんでも腕を入れてもいいそうで、入れると魚たちが皮膚の老廃物をついばんでくれるんだそうです。
これで古い角質層ともおさらばできますね。

「うちでは90cm水槽とか置けないんですよ~」
とか嘆いている方も、家のお風呂ならばバッチリですねw
犬や猫とお風呂に入っているペット愛好家もいるようですが、魚愛好家は魚と一緒にお風呂ですねw
なにせおぼれる心配がないペットですしw
でも、誤って止水弁を外しちゃったら水と一緒に流されちゃうかもしれませんねぇ。

さて、この魚は通称ドクター・フィッシュ(正式にはガラ・ルファというそうです)と言って、西アジアの淡水に生息するコイ科の魚なんだそうです。
人の皮膚をついばんで皮膚病を治療する効果が期待できるそうで、人間にとってもメリットのある魚といえますね。

普段は水族館の魚には行っても触れることができないのが常ですが、今回のように触れられる機会が今後も増えるとお魚好きの人が増えるかもしれませんね。

イベントの詳細はコチラです。

今週も入荷せず

2006.03.03(23:53)

今日はもはや毎週になりつつある地元ショップに希望の魚が入荷したかどうかの確認の日ですw
でも、今日は電話しようと思っているうちに最寄り駅までついてしまったのでお店へ直に寄りました。
夜も遅いこともあってお客さんがいなかったので私ひとりゆっくり見ました。

なんでも色違いの魚が問屋さんにあったそうなのですが、文字通り色違いで希望のものではなかったので見送りです。
当初は1匹1000円台だったのですが、最近入荷量が益々減ってきたそうで2000円台になる見込みだそうです。

店長さんとはテトラの新製品の使い心地であったり、他社製との使用感触の違いなどの話をしました。
きっともっと仲良くなれば本音を色々暴露してくれるのかなと思ったりw

手ぶらで立ち去るのもなんなのでお持ち帰りとしてサイアミーズフライングフォックスを3匹とアク抜き済み流木1本を買いました。
水草についていた苔が前回1匹買ってきたサイアミーズフライングフォックスのお陰もあって随分抑制できていたので追加投入してみることにしました。

流木はもちろんコリドラス等向けにです。
アク抜き流木が380円なら安い方ですよね?

メタルラック注文完了

2006.03.02(17:49)

今日、ようやくメタルラックの注文をしました。
ネットでどこが安いか探したのですが、楽天の中のお店が安くさらに少しだけですが楽天ポイントがあったので割引になるからそこにしました。
届くまでに1週間くらいかかりそうなので気長に待ちます。

以前このブログでもとりあげました海水魚を淡水で飼うという話題ですが(コレね)、今日たまたまつけていたテレビニュースでとりあげていました。

水槽の中にカクレクマノミと鯛の幼魚と金魚が仲良く泳いでいるんですねw
なんでも、電解質というのが一つのキーワードのようです。
塩分濃度0%の淡水にミネラル分をほんのチョット溶け込ませているだけのようですが、それでよく両方とも大丈夫ですよねぇ。

これで、「カクレクマノミ&コリドラス水槽」なんていう水槽もできそうですね。
さらに塩分がない水なので、アマゾンソードやリシア、ウィローモスの茂った水槽をカクレクマノミが泳ぐなんていう事もできちゃいそうです。

この不思議な水が簡単に安価に手に入るようになれば海水魚のコーナーが熱帯魚屋さんに増えるかもしれませんね。

2006年03月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. グーテンターク!(03/31)
  3. そういえば色違いがでますね(03/30)
  4. 地震への備え(03/29)
  5. どうすべきか(03/28)
  6. 水換え&フィルター掃除(03/27)
  7. ボロボロに・・・(03/26)
  8. 餌の大きさと味付け(03/25)
  9. 今週も入荷せず(Part5)(03/24)
  10. 1匹召される(03/23)
  11. やっぱり同種かな(03/22)
  12. 比較してみる(03/21)
  13. 綺麗に撮影できたかな(03/20)
  14. そして、透明へ・・・(03/19)
  15. パイロットフィッシュ(03/18)
  16. やっぱり白濁り(03/17)
  17. 初お披露目(03/16)
  18. メタルラック部品揃いました(03/15)
  19. 突っ張り棒到着(03/14)
  20. メタルラック到着・・・しかし。(03/13)
  21. 朝の訪問者(03/12)
  22. 4月号雑誌レビュー(03/11)
  23. 今週も入荷せず(Part4)(03/10)
  24. 13日到着予定(03/09)
  25. 週明けになる見通し(03/08)
  26. お魚アイテム(03/07)
  27. メタルラック再注文完了(03/06)
  28. メタルラック注文取消し(03/05)
  29. 魚で美肌(03/04)
  30. 今週も入荷せず(03/03)
  31. メタルラック注文完了(03/02)
次のページ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。