スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

熱帯魚と懸賞雑誌

2008.07.30(22:01)


熱帯魚ネットショップのチャームで、懸賞雑誌が販売されているのを見つけました。

一瞬、「なぜ、熱帯魚ショップに懸賞雑誌が?!」と思ったのですが、出版社を見てなるほどと。
発売が、『楽しい熱帯魚』と同じ白夜書房。
なので、それ繋がりで販売しているのかなと。

そういえば、熱帯魚雑誌でも熱帯魚飼育に関係したクロスワードパズルなどが雑誌の読者プレゼントコーナーにあったりしますよね。
あれなんか、もっと問題数を増やしてみれば「楽しめる熱帯魚雑誌」になるんじゃないかなと個人的に思っているのですが、作るの大変なのかもですね。
スポンサーサイト

ピーシーズ アクアウェーブ NO.48発売

2007.08.28(01:07)

連続投稿記事になります。

ピーシーズ アクアウェーブ NO.48』が発売になったようですね。


主な内容は、

・メダカの学校!! 飼いたい・知りたいアナタに贈るメダカ百貨
・身近な小型美魚たち
・HOT&HOT 大ジャングル展 コンパクトアクア
・コンパクトビバリウム
・人気クマノミ ランキング ベスト10
・鳴く虫
・おさかな日和 オスカー&アイポット

だそうです。
夏らしい涼しげな表紙がいいですね。
一般書店ではあまり扱っていないので、熱帯魚屋さんかネットで買えますよ。

8月号発売

2007.07.15(00:55)

さて、なかなか熱帯魚記事を書いていませんでしたので今回は久々にw

8月号の雑誌紹介です。

楽しい熱帯魚 8月号

・実践的水草レイアウト百科!!
・「和風庭園をイメージした水景などの作り方!」
・夏だ!川だ!海だ!採集だぁ!!&飼育もね!
・お魚クイズで頭の体操
・初めての海水魚入門
・第9回 桑原流ベーシック講座 「特訓!水草塾


アクアライフ 8月号

・高貴なる龍の化身 アジアアロワナ2007
・夏を楽しむ スイレン鉢&ボトルアクアリウム この夏ベタを始めよう!!
・復元にかける浪漫 大阪らんちゅう
・夏を涼しく照らせ! ブルーランプで魅せる、さわやかアクアリウム
・新顔いっぱい! ザ・変わりメダカコレクション
・アジア最大アクアリウムの祭典 アクアラマ2007inシンガポール


フィッシュマガジン 8月号

・第1特集 濾過が決め手の熱帯魚飼育
・第2特集 魚だって、十人十色 エンドリケリー
・第3特集 身近に涼を 夏のハンディ・アクアリウム


有名どころ3誌の最新8月号を載せてみました。
まぁ、表紙はその号の一番力を入れている部分といっても過言ではないので、表紙をみれば今号のそれぞれの特徴が分かりますね!

水草レイアウトなら楽しい熱帯魚。
アジアアロワナならアクアライフ。
エンドリケリーならフィッシュマガジン。
という感じでしょうか。

あの頃の本、再び

2007.06.27(22:24)

20070627222431
昨日ネットオークションで落札しました熱帯魚の本が今日無事に届きました。
この本は昔、私が学校の図書館で何日も飽きる事なく読んでいたいわば懐かしの本です。

なかなか書店で売っていませんので、今回安く競り落とせて嬉しかったです。

今改めて読んでみても読み応えがあり、下手な熱帯魚の本よりも充実しています。

皆さんはこの本知ってました?

7月号発売

2007.06.12(01:05)

遅ればせながら、7月号の雑誌紹介です。

『アクアライフ 7月号』

・水草のある暮らし 水草セッティングガイド
・映画「そのときは彼によろしく」 市川拓司さんインタビュー
・プレコ・シリーズ ピポストムスの仲間
・フィールドレポート 九州産タナゴの採集と飼育
・面白水槽がたくさん 読者のアイディア水槽コンテスト


『楽しい熱帯魚 7月号』

・和の伝統と美を愉しむ 「金魚」優美な魅力~鑑賞と飼育の仕方~
・夏を涼しく乗り切るアイディア集
・プレコの世界
・初心者が飼っておきたい10の定番魚
・季節の変わり目の水温管理
・実演!匠の水景
・第8回 桑原流ベーシック講座 「特訓!水草塾」


『フィッシュマガジン 7月号』

・第1特集 スネークヘッド 迫・美・楽・育
・第2特集 夏の予定はもう決めた?アクアスポット大特集
・必見!!夏の水温対策

簡単に言えば、水草ならアクアライフ、プレコなら楽しい熱帯魚、スネークヘッドならフィッシュマガジンといった感じでしょうか。

表紙も涼しげな水色基調なものもあり、夏に向かっているなぁとしみじみします。(その前に梅雨ですけどね)

この一つ前の記事では、プレゼント応募募集していますのでよかったらどうぞです。

6月号発売

2007.05.10(23:23)

今日11日は6月号の熱帯魚雑誌の発売日ですね。

ということで、早速表紙&主な特集をご紹介!

☆『アクアライフ 6月号』

・ドワーフシクリッド そこには、ちいさな妖精たちがいる
・イベント詳報 第25回 観賞魚フェア&2007ジャパンペットフェア
・海外フィールド 幻のベタ発見!ベタ・ルブラ採集記
・季節到来 ヤリタナゴの採集と飼育
・グッピーの新品種 「ラスター」登場

☆『楽しい熱帯魚 6月号』

・殖やして楽しむ一卵性&フ化のABCペア飼い白書!
・アクアリウムのなんでも「数」と「量」!!
・クリスタルレッドビーシュリンプ情報最前線
・熱帯魚輸入の裏側!
・「僕たちが守るべきこと!」
・実演!匠の水景
・第7回 桑原流ベーシック講座 「特訓!水草塾」
・清涼 メダカ水槽

☆『フィッシュマガジン 6月号』

・第1特集 魅力の波状攻撃!ポリプテルス
・第2特集 愛嬌満点♪コリドラス
・海外レポート インドネシアの淡水魚養殖を覗く

注目は、唯一特集でコリドラスを組んでいるのは『フィッシュマガジン』です!!
まだ内容は見ていませんが、コリドラスファンは1冊どうですかね?

・ちなみに本を検索したらこんなのも見つかりました。

初心忘るべからずですね。

3月号の雑誌に更新

2007.02.15(12:20)

3月号の熱帯魚雑誌が発売となっているので、このブログの左に掲載しています「書籍など」の所を更新しました。

更新したのは以下の4雑誌。

・アクアライフ 3月号
・フィッシュマガジン 3月号
・楽しい熱帯魚 3月号
・アクアジャーナル Vol.137

11月号ご紹介

2006.10.14(23:53)

久々の雑誌紹介ですが、今月号はどれも買っていない為あてずっぽなことも言えないのでネットで内容が分かりそうな部分を探してきましたのでリンク貼っておきますね。

『楽しい熱帯魚』

『フィッシュマガジン』

『アクアライフ』

結構惰性で買っていると熱帯魚雑誌はそれなりに重ねると重い上にかさばるので特集で選ぶのも手ですね。

今昔魚顔合わせ

2006.09.23(23:52)

今月号の『楽しい熱帯魚』では、特集として現在と少し前のお店に並ぶ熱帯魚の増減や価格の変遷を表にして掲載していますね。

私のブログでも度々そんなお話をしていましたが、雑誌でも特集として扱うようになりましたね。
その記事を見て驚いたのは、価格自体はあまり変わっていないものの種類によってはここ数年で30%程度入荷量が減っているものがあるんですね。

そういえば、昔はわんさか水槽に魚の缶詰の如く詰め込まれて販売されていた種類でも、昨今ではさっぱり見かけなくなったり入荷量が減っている気がすることもありましたね。

折角家で繁殖に成功しても、飼いきれないという現実から放流してしまったりやむなく殺してしまうケースもあるのが現状なんですかね。
もっと、システム的に
「ご自宅で殖えた魚を買い取ります」
のような看板を出してもいいと思うんですよ。

そんなことをしたら問屋さんがあがったりといわれるかもしれませんが、中古ショップの委託販売のようにある一定期間置いてもらって売れたらいいな的な考えも悪くないかと思います。

「東京新宿生まれのネオンテトラ販売中」
とかお客さんをショップへ引きつけるそれこそ餌になるんじゃないかなとね。
それで、お客さん同士の輪が広がったりとかお店にメッセージボードとか用意して
「この前買った東京新宿生まれのネオンテトラ、元気ですよ」
とか里親として嬉しくもなるというものです。

今のホームページでも、きてくれた人たち同士のコミュニティーなどを大事にしようという動きが広がっていますし、ただ「買い物」をしにくる以外の「+何か」をどんどん熱帯魚屋さんも企画してほしいものですよね。

8月号雑誌レビュー

2006.07.11(23:00)

さあさあ、お待たせしました。
といいますかもう1か月経っちゃったんですねw
恒例の熱帯魚雑誌レビューの日です。
今日もかいつまんで少し内容をご紹介して、購入の参考になればと思います。
例の如く右側にありますそれぞれの雑誌の表紙のロゴを見ながら読んで下さるとイメージしやすいかと思います。

トップバッターは『アクアライフ』です。

表紙は涼しげな金魚鉢と金魚です。
ということは特集は金魚ということになりますね。
縁日での上手な金魚の掬い方まで載っていますよ。
他には、スイレンと蓮の特集や色々なものを扱っています。
金魚ファンは間違いなく“買い”ですね!

お次は『楽しい熱帯魚』です。

いろんな魚のイラストが描いてあっていい感じの表紙です。
中は今回はベタを幾分載せていて、その後にペットボトルを使った自作を色々載せています。
経費節約してモノづくりをしたい方はいいでしょうね。
あと、「一匹入魂」のコーナーではコリドラスをとりあげています。
うちで飼っているコリドラス・オルナートゥスホワイトフィンも写っていますので(うちの魚ではないですよ、勿論)みてみてくださいな。
Q&Aコーナーも相変わらず為になります。
自作派はまちがいなく“買い”ですね!!

さてお次は『フィッシュマガジン』です。

今回の表紙は迫力あるライオンフィッシュですね。
そして、最後の方に透明な袋に閉じられていて海水魚飼育マニュアルの小冊子が付録として付いています!
付録好きにはたまりませんねぇ。
特集の1つ目として「キモかわいい世にも不思議な魚たち」と題して、ライオンフィッシュ、トランペットナイフ、ブラインドケーブフィッシュ、パールン、ジムナーカス、ファイヤースパニーイール、トビハゼ、ガラ・ルファを取り上げています。
また、「淡水エイ・カタログ」もあります。
以上のような魚の名前にピンときたら“買い”ですね!!

さて、最後に『アクアジャーナル』です。

表紙は斜め45度くらいから撮影されたレイアウト水槽ですね。
グレーがかった色合いをしています。
今回の特集は「ENTER THE GALLERY」と題してADA本社に開設されたネイチャーアクアリウム・ギャラリーの魅力を、周辺環境や舞台裏(制作・管理)を含めて紹介しています。
そういえば、夏にADA主催の1泊2日の催し物がありますね。
新潟までいける人はいいかもしれません。
この雑誌はもちろん水草レイアウトを学びたい人は“買い”ですね!!


いかがでしたでしょうか?
今回のうち最初の3誌は実際に今日書店で目を通してきたのでまあまあ書けました。
個人的には『アクアライフ』を買ったのですが、『フィッシュマガジン』の小冊子も気になりますね。
『楽しい熱帯魚』の自作も結構使えそうなのありましたし、『アクアジャーナル』も低価格になって読み物としては十分ありますね。
となると、早く言えばどれも“買い”ということですね!!?

あのフリーペーパーに

2006.07.06(22:14)

今日発行されたフリーペーパーの「R25」というものの記事になんと熱帯魚関係が取り上げられています。

駅やコンビニなどにおいてある無料配布の薄い雑誌ですが、創刊100号という記念すべき時に魚を出してくるとはいいですね。

内容をここでいうのもなんですが、月刊雑誌の『アクアライフ』や熱帯魚店のトロピランドさんも取材で関わってるみたいですね。

そこに「熱帯魚の売れ筋ベスト5」が載ってます。
気になる順位は、

1位、カージナルテトラ
2位、グッピー
3位、エンゼルフィッシュ
4位、ディスカス
5位、プレコ

だそうです。
何気にネオンテトラがいなくてカージナルテトラが1位というのも驚きましたが、プレコの健闘ぶりにも驚きました。

逆にコリドラスがいないのがちょっぴり残念w
アエネウスやアルビノ、パレアトゥスあたりならそれなりに売り上げに貢献していると思うんですけどね。

一般大衆向け雑誌にちょこちょこ熱帯魚関係の記事が載ってくれればもっと飼育する人の層が広がると思います。

是非皆さんも実際にフリーペーパー探してみてみてくださいな。

※フリーペーパー『R25』のホームページはココ

『世界の熱帯魚&水草カタログ (2007年版)』発売

2006.06.25(23:30)


今日の話題は↑の書籍です。

成美堂出版さんからもう10年以上前から毎年発売しているロングラン熱帯魚カタログの最新版である2007年ものです。
まだ2006年の気分ですが、本では一足早く2007年なんですねw

早速本屋さんで中身を見てみました。
個人的に、最初の方のページでこれでもかとベタを特集していたのが印象的でした。
ベタの入った瓶の上に乗っかって餌をあげている写真なんかはある意味なかなか見れるものでもないですしね。

コリドラスでは幻のコリドラスとも言われているうちの一つであるワイツマニーがここ最近姿を見せ始めているということで参考価格が5万円~という感じで掲載されていました。
そういえば、ワイツマニーなどは私が熱帯魚を飼い始めた頃はお店で見たことなかったですからねぇ。

オトシンクルスも昔のカタログではオトシンクルスとあってもネグロくらいのもんでしたが、ゼブラオトシンを始めとして様々なオトシンクルスが日本へ運ばれてそれでなくともこけ取りとして人気が安定してあるだけにコレクション性も出てきてファンも増えているのではないでしょうか。

カタログも1年毎に出るということは、それだけ毎年新しい種類の魚が追加されているということでもありますし、逆にピタリと以前は良く見ていた魚が見られなくなっているともいえます。
常に進行形で飼っているアクアリストは、最新のカタログでチェックしたいものですね。

届きました

2006.06.24(23:33)


実は1週間程前に上の書籍をネットで注文していたのですが、今日届きました。
熱帯魚カタログ+最新熱帯魚用品カタログです。

まぁ、熱帯魚カタログの部分は付録程度に考えた方がいいのですが、色んなメーカーの今発売中の製品を大方網羅していますのでお店で選ぶ前に計画をたてられます。
標準小売価格も載っていますので、目安になりますよね。

7月号雑誌レビュー

2006.06.09(22:32)

さぁ、恒例の熱帯魚雑誌レビューの日になりました。
毎度同じく右側の画像は最新版の表紙に切り替えましたので、書店で探す際の参考にしてくださいね。

『アクアライフ』
今月の表紙はアジアアロワナです。
内容は、最初のあたりは特集でアロワナについての話題が載っています。
その後は、「かわいい底モノの仲間たち」と題してボティアやローチ、ロリカリア、コリドラスなどの魅力を紹介しています。このあたりの魚ファンは買いかな?!


『フィッシュマガジン』
今月の表紙は白色のエンドリケリーです。
内容はというと・・・エンドリケリーの餌からコレクションからブリーディングまでまさにエンドリケリー祭りといった感じです。
特集の2番目にはベタを扱っていますので、エンドリケリーとベタファンは迷わずオススメですよ。


『楽しい熱帯魚』
今月の表紙はネオンテトラですね。
他の2誌が大型魚なので、小型魚ファンはこちらを選ぶかもしれませんね。
特集は「アクアリウム事始め」となっていて、他にはビーシュリンプの記事もあります。
まだ私自身店頭で直接見てないので情報不足ですが、上述2誌と違う方向性が欲しければコチラをオススメします。


『アクアジャーナル』
発売日はこれだけ6月10日(土)ですのでお間違いのないように。
表紙はなんとも美しい白と青のデザインです。
今月の特集タイトルに「石組会得術」として、奥深い石組の世界を、制作工程とフィールドレポートを中心に紹介しています。
水草好きな方やレイアウトを極めたい人はオススメです。

さらに、ADAの2006カタログが全国のADA特約店で無料配布中です。
私も早速昨日もらってきましたが、やはり冊子スタイルだと収納しやすいですね。
最新のADA製品を一度にみれますので、今年の購入計画に役立てましょう。


今日はサッカーW杯開幕ということで、いよいよ世界中がサッカーに魅了される時期になりました。
たぶん予定では日本対オーストラリア戦のある来週月曜日あたりに卵から赤ちゃんが生まれる見込みです。
是非、日本の勝利で元気な赤ちゃんがこの世に生を受けてくれることを願っています。


そして本日もう一つの話題。
今日は帰りに地元の熱帯魚屋さんへ今週入った魚のチェックと店長と会話する為寄ってきました。
店長曰く
「今回は細かいの入ったよ」
というのです。
はて、細かいの?
という疑問を持ちつつ店内を回るといました、小さくてまぁ細かいけど綺麗でかわいいの。
オスっぽいのとメスっぽいのを選んでもらって2匹お持ち帰りしました。

さて、私は何をお持ち帰りしたでしょう?w(答えは明日書きますね)

6月号雑誌レビュー

2006.05.11(23:01)

さて、毎月恒例となってきました熱帯魚雑誌発売レビューの日です。
家の近くの本屋さんへ行きましたら『アクアライフ』と『楽しい熱帯魚』しか置いてなかったので、だいたいがネット上からの仕入れ情報です。
例の如く右側の画像を最新のものに変えてありますので表紙も併せて御覧下さいね。


『アクアライフ』
今月の表紙は水草ですね。しかも気泡がプックリしている瞬間です。
中身の特集は「水草水槽に挑戦!」と題して、これから水草育成を始めたい人からワンランク上の水草育成術を知りたい方までを幅広く満足させてくれるような内容になっています。
逆に、水草に興味のない人には・・・ねぇw
それでも、他の情報も満載ですので買っておいてソンはない一冊です。


『楽しい熱帯魚』
表紙はレッドテールキャットですね。愛らしいフェイスがなんともいえません。
大型魚を序盤では紹介して、水槽サイズに関しての話題などが書いてあります。
又、質問コーナーではエピプラティス・アニュレイタスの繁殖と稚魚の育成について触れていました。


『フィッシュマガジン』
表紙は南米シクリッドですね。シクリッドファンお待たせしましたという感じです。
あの東熱帯魚研究所が贈る繁殖データを色々書いてくれています。
他には、コリドラス・プンクタートゥスやリネロリカリア・ファラックス、オレンジフィンカイザープレコ、カエルレウス、クリプトコリネ・ピグマエアといった言葉にビビッと来た方は買いですよ。


『アクアジャーナル』
表紙には「コイする季節」と題して、コイ科の小型魚が似合うレイアウトを紹介するような内容になっています。
又、新潟県中越地震から一年数カ月経った錦鯉の里の様子をレポートしているようです。
ピンク色の表紙文字が目印です。


さて、いかがでしたでしょうか?
今回も触り程度くらいしか書いていませんので、是非お店を訪ねて実物を見てみてくださいね。

フリーペーパー発見

2006.04.26(20:56)

フリーペーパーですよ。

割と自宅から近くにあるお店なのですが、ここ数年行ってなかった熱帯魚屋さん(といっても犬やら鳥やらいますけど)へ足を運んでみたのですが、お店の前になにやら見慣れぬフリーペーパー。
今日はこのフリーペーパーの写真を載せてみました。

私の所は関東版と書いてあるので、たぶん関西版などがあるかと思いますが、内容はかなりいいです。
何がよいのかといいますと、関東版には熱帯魚屋さんだけでも538件掲載とまるで「熱帯魚屋さんのタウンページ」なのです。
小さなこじんまりとした店舗から有名な大型店まで住所や電話番号、HPアドレスなどが記載されていてショップめぐりには最適ですね。

例として、先日私が行ってきましたティアラ町田店さんの紹介部分はこうなっています。↓
例えばティアラ町田店だと・・。

よく見ると「お魚携帯ストラッププレゼント」と書いてありますよね。
そうです。このフリーペーパーは、なんと掲載しているかなりのお店がそれぞれ独自のクーポン券をつけているのです!!
中には「お会計から25%引き」といった割引率のよいクーポン券を用意している店舗もありますので、見なきゃソン!使わなきゃソン!という感じですね。

表紙の右下に「2006 spring Vol.1」とあるので、もしや創刊号ですかね?

巻末にはプレゼントもあっていい感じです。
クロコの『LOVE FISH』もそうですが、こういったフリーペーパーが増えてくると、益々月刊誌などは力を入れないといけないですね。

5月号雑誌レビュー

2006.04.11(01:01)

月に1度の熱帯魚雑誌発売日になりました。
ということで、今日もちょこっとだけかいつまんでレビューします。
今回は、大きな書店で3種見てきましたので、多少は自信をもって書きますねw
ブログの右側のカラム上部には最新号の表紙&リンクに変えましたので、書店でご購入の際の目印に覚えてくださいね。

まずは『アクアライフ』から。

表紙はエイですね。
となると最初の特集ももちろんエイです。
エイマニアの方なら迷わず買いです!
その他には、春という事もあってかわいらしい金魚について扱った特集もあります。
個人的目玉は「生き餌 徹底活用講座」です。
主要な生餌をたぶん網羅して解説してくれていますので、その辺の情報を知りたい方は買いです!
(関係ないけど、その特集の協力店が私の行きつけの店の一つだったりしますw)


お次は『フィッシュマガジン』。

表紙は春っぽさナンバー1ですね。
金魚と桜の織り成す構成はステキです。
特集では「春だ!金魚満開!」と称して、金魚をこれから飼ってみようという読者にやさしく丁寧に解説をしてくれています。
これを期に金魚ワールドを体験してみるのもいいかもしれませんね。


今度は『楽しい熱帯魚』です。

通称『らく熱』ですね。
もう子供から初心者からでも理解しやすく分かりやすい内容でいいですよね。
表紙はエンゼルフィッシュですね。
特集としてブリーディングを目指す上での情報を載せてくれています。
雌雄の判別や種類に応じた繁殖環境の例など、表などを使って直感的に分かりやすいです。
他には、自作のアクア用品のご紹介もしていますね。
ペットボトルを使った水換え道具や嫌気性細菌のコロニーを作るアイデア品の作り方をご紹介しています。


最後に『アクアジャーナル』です。
今回特筆すべきは値段ですね。
今号からお値段がお買い得の360円に!!
これで、今まで買おうか迷っていた方も購入しやすくなりましたよね。
水草水槽やレイアウト水槽、ADA商品の情報はこの雑誌でバッチリです。
内容は52ページあり、すべてオールカラー!
やっぱり白黒とカラーでは印象もガラリと違いますしね。
特集に「60センチでここまでできる!」として、初心者さんでも60cm水槽でお手軽にネイチャーアクアリウムを作り上げることができるように手ほどきをしてくれています。
そういえば、今月末でADA主催の「世界水草レイアウトコンテスト」が4月30日で締め切りですね。
これから応募しようかなとお考えの方はお早めに。


さて、いかがでしたでしょうか?
今回も少しずつ触り程度にご紹介してみました。
ネットでの情報が発達してきても、その中には信憑性が疑わしいものも数多くあります。
書籍は一応内容のチェックを行って本屋さんへ並ぶので、確実性がありますよね。
しかも、上手にまとめてくれていますので永久保存版として毎日のアクアライフのお供として愛読したいものですね。

水換え&濾過変更

2006.04.08(23:02)

ジャーマンラミレジィが入っている30cm水槽に食べ残した餌が腐敗してきたものが底にたまってきたので2/3程水を換えました。
横のコリドラス・オルナートゥスホワイトフィンの入っています水槽も同様に水換えです。

そこで、今回30cm水槽の濾過を両方とも水作エイトMに切り替えました。

ジャーマンラミレジィ水槽には、
「モノボール:パワーハウス(リング状濾材)=7:3」
の割合で濾過器の中へ入れました。

コリドラス・オルナートゥスホワイトフィン水槽には、
「モノボール:パワーハウス=1:9」
の割合で濾過器の中へ入れました。

水作エイトSの数倍分モノボールやパワーハウスが入るので濾過面積と効果が大幅にアップです。
お陰で60cm水槽で使っている外部式フィルター内の濾材がだいぶ減ってしまいましたので、今度お店で安かったら買いたいですね。

水換え&濾材交換が終わり、ふとジャーマンラミレジィを見るとメスらしき方の呼吸が少し速く動きが鈍いように感じました。
エラの部分がなんとなくめくれ気味にも見えたので、エラ病関係か残餌の腐敗に伴う細菌性の感染症を疑い、マラカイトグリーン系のお薬を投与しました。

水槽の水がうっすらと緑色になりましたが、元気になってくれるといいんですけどねぇ。

書籍関係

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 熱帯魚と懸賞雑誌(07/30)
  3. ピーシーズ アクアウェーブ NO.48発売(08/28)
  4. 8月号発売(07/15)
  5. あの頃の本、再び(06/27)
  6. 7月号発売(06/12)
  7. 6月号発売(05/10)
  8. 3月号の雑誌に更新(02/15)
  9. 11月号ご紹介(10/14)
  10. 今昔魚顔合わせ(09/23)
  11. 8月号雑誌レビュー(07/11)
  12. あのフリーペーパーに(07/06)
  13. 『世界の熱帯魚&水草カタログ (2007年版)』発売(06/25)
  14. 届きました(06/24)
  15. 7月号雑誌レビュー(06/09)
  16. 6月号雑誌レビュー(05/11)
  17. フリーペーパー発見(04/26)
  18. 5月号雑誌レビュー(04/11)
  19. 水換え&濾過変更(04/08)
次のページ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。