スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

台風の日に

2007.09.07(01:02)

外では台風が音を立てています。

帰宅して水槽を見ましたらコリドラス・ドゥプリカレウスが1匹お亡くなりになっていました。

この子だけはエサをあまり食べない食の細い子だったんです。
あとの2匹は食べているのでお腹出ているんですけどね。

あと、水槽上部に取り付けていた扇風機がOFFになっていたので水温が29度にもなっていたのがまずかったなぁと思いました。

こういう台風で大気が不安定になったり、気圧が変わる時に水換えをするとコリドラスは産卵しやすいんですよね。

でも、産む気配のあるものはいないんですけどね。
スポンサーサイト

訃報

2007.07.30(21:38)

今日の午後に60cmメイン水槽をふと覗くとなにやら水底に横たわるものが…。

ま、まさか。

そう、まさかが当たっていました。

うちで生まれたコリドラス・イルミネートゥス達のお母さんが本日永眠されました。

お父さんイルミは生きていますが、元気そうだったお母さんの方が亡くなってしまったのはショックであると共に、このごろ水換えを怠っていたツケがきたのだなと反省しました。

購入した頃を考えて少なくとも5年は生きていた魚でした。
昨年に100個以上の卵を産み、その内わずかに孵化までこぎつけたものの中からさらに飛び降り自殺等でなくなったものがいて、現在子供が5匹元気にしています。

当初は、子供達の生後1年目に親と同じ水槽に移して対面させるつもりだったのですが、以前別のコリドラスで同じことをしたら餌が子供にまで十分にいきわたらずに亡くなったケースがあったものですからためらっていました。
また、赤ちゃん水槽が安定していたので無理してまで別の水槽に移さなくてもいいだろうと踏んでいたんです。

ですが、結果的に1度も母親はわが子たちの姿を見れなかったことが後悔です。

この亡くなった母親イルミは横浜の熱帯魚屋さんで3匹一緒に買ったうちの1匹で、他の2匹は早々に亡くなったのですが唯一生き抜いてきた力強い魚でした。
その後、東京の町田ティアラで購入してきたオスのイルミとの間に赤ちゃんをもうけたわけです。

イルミネートゥスにもグリーン色が強いもの、オレンジ色が強いものがいますが、私は探してどれでもないゴールド色が強いものを買っているので赤ちゃんももちろん金色です。

遺体発見してから全水槽の水換えをしてリフレッシュしました。

一般にコリドラスは自家繁殖物の場合、生後1年過ぎたら子が産めるらしいですが、ワイルド固体は3年くらいみたほうがいいらしく、その間の生後約2年は無理かなと思っています。
残った兄弟だけで子ができたら血が濃くなりますし、倫理的にどうかと思いますので数ヵ月後には婚約者探しをして今日亡くなったイルミの孫ができればと思っています。

今はただ、安らかにお眠り下さい。そして、残った子供達とお父さんイルミをお守り下さいと願っています。

バタバタバタ!?

2007.05.16(00:07)

それはついさっき、15日の23時50分頃の事です…。

部屋でネットを見ていましたら、「バタバタバタ!」という何か叩いているような音が聞こえてきました。

「なんだ? 外に虫でもいるのかな?」
窓の外を見ても虫らしきものはいませんでした。
1度目の事でした。

そして、またも「バタバタバタ!!」

「なんだ? 外に泥棒でもいるのかな?」
窓の外を見ても人影らしき者はいませんでした。

そして3度目に「バタバタバタ!!!」

「なんだ? 虫でも泥棒でもない…。も…もしや?!」
とっさにコリドラス・イルミネートゥスゴールド水槽に目を移す。

「1、2、3、4ちゃんといるじゃないか。…まてよ、確か5匹いたはずだ!!!!」
そうです。
5匹いるはずの水槽に4匹しかいないのです!!
慌てて周囲を見ました。
すると水槽を置いているラックの底のフローリング上になにやら普段置いていないものが。
い…いた!!!
すぐさまティッシュで軽くつまんであげて水槽へ戻そうとしたその瞬間、
「ピョ~ン、バタバタバタ!!!」
な、なにぃ!?
水槽に残っていたうちの1匹がほんのわずかなプラ蓋の隙間から飛び出してまたもや床で跳ねているではないですか!

こちらもすぐにティッシュで軽くつまんで戻してあげました。

今まで一応蓋をしていた訳ですが、もうコリドラスが無理にでも出れそうな隙間は完全にシャットアウトするしかなさそうです。

もうちょっと早く私が寝ていたら、気づかず部屋を後にしていたら、おそらくイルミの子達は5匹が3匹になっている所でしたよ。

落ちた子達は少し外皮が傷ついたようでしたので、そこから細菌感染などが起きると厄介になる為、アマゾングリーンを処方しました。
スレ傷なら先日購入したグリーンFゴールドリキッドの方がいいのですが、皮膚感染症を食い止める方を優先しました。

皆さんも魚の飛び出しにはくれぐれもご用心下さいませ。

タイで大量に…

2007.03.14(00:37)

週末ではありませんが、気まぐれといいますか時間が少しあったので更新します。

まずトップの魚の紹介で「サイアミーズフライングフォックス」が少し前に亡くなっていなくなっていたので削除しました。
3匹いたのですが、同時に3匹死んじゃったんですよね。
なんでかなぁ。

タイで大量に死んでいるそうです!
元のニュースはこちら
色的にキッシンググーラミィを思い出したんですが、もっと大きいような魚ですね。
それにしても、
「貨物船が沈没し積み荷の砂糖650トンが川に流出したことや化学調味料製造工場から排出された廃棄物が水質汚染の原因ではないか」
というのですから、たまりませんね。

昨日もうちの近くのどぶ川を眺めて「透き通っていて魚でも泳いでいればなぁ」としみじみ思いましたよ。
大抵緑色をしたり黒ずんでいる川の水が多いですしね。
鯉のようなのがたまにいますが、何を食べてそんな劣悪な川で過ごしているのかなぁと不思議に思います。

色々ありました

2007.02.11(17:47)

週に1回まとめてお伝えしている訳ですが、何もない週はほんとネタがなく、逆に多すぎる時もあるものです。
今回は久々に写真を載せましたよ!!
やっぱり携帯と違ってデジカメの方が写真は撮りやすいですね。

4日に熱帯魚屋さんへ行ってきました。
空いている水槽へ何か入れようかと思ったのと、カラシンフードが切れたので補充するためです。
店内は日曜日ということもあり家族連れやカップルなど色々いました。(もちろん私は一人ですけどね)

数十種類の中から決めたのはこのお魚です↓
レッドファントム・ルブラ

「レッドファントム・ルブラ」という名前で売ってました。
レッドファントムテトラの赤ちゃんサイズなのかなとも思ったのですが、お腹がスケルトン気味なんですね。
大きさは2cmはない感じです。
キョーリンのカラシンフードがかろうじて口に入る大きさで、1粒食べるとだいぶモグモグしないと2口目が入らない口の小ささです。

そして、久々にコリドラス・イルミネートゥスゴールドのお写真載せます。
まずは並んでいるところ↓
並んでパチ!

続いて1匹の所↓
こっそりパチリ!

後半書きますが、分けあってこのコリドラス達とレッドファントム・ルブラを一緒の水槽に入れています。↓
小型水槽全景

縄張り意識もそれほどなく、大きさも小さいので仲良くしています。

あとは久々の60cmメイン水槽↓
メイン水槽全景

ちょっと水が緑っぽいのは「アマゾングリーン」のせいです。
これも後半のお話で。

小型水槽は私の部屋にあるので部屋の中に匂いが充満しないように消臭剤置いてます↓
消臭剤w

2個置けば水の匂いといいますか、熱帯魚系の匂いもほとんどしません。

さて、悲しい出来事がありました。詳細は以下の「続きを読む」で。
⇒色々ありましたの続きを読む

イルミ倒れる

2007.01.28(00:02)

昨日の事です。

玄関にあるメイン60cm水槽を覗くとなにやらヒーターカバーとアマゾンソードの根元に挟まって横たわる物陰が…。
覗いてみると、コリドラス・イルミネートゥスゴールドでした。

この個体はおそらくうちで繁殖が成功したイルミネートゥスの子供たちの父親であると思われます。

死因はいまいち解りかねるのですが、老体であったのでそのせいもあったかと思われます。

ちゃんとお子さんは別水槽で保護し9匹が育っています。

ただ、唯一残念なのはその父と子が再会できなかったことですね。
母親イルミネートゥスゴールドは存命中なので、もう少し子供たちが大きくなったら是非同じ水槽でひきあわせたいものです。

ここで、「なぜ早く一緒にしないのか?」と問われるかもしれませんが、以前コリドラスの子供たちを早く親と同水槽に入れた所、食べ物になかなかありつけなく栄養不足になり落ちてしまったからです。

やはり、成魚と幼魚では餌を摂る上で違ってきますしね。
今は幼魚のみの水槽でたっぷり餌をあげていますので問題はないですよ。

薬浴開始

2007.01.21(23:24)

コリドラス・アガシジィの左胸鰭がワタカムリ状態になっていたので急遽治療を行うことにしました。

隔離も考えたのですが、細菌性であれば同じ水の中にいる同居魚にも少なかれ影響があったかと思いまして、全員薬浴にしました。

うちでは「アマゾングリーン」しか常備薬用意していないのでそれになりました。
マラカイト系のお薬で、青色の治療薬よりも魚や水草、微生物への影響が少ないといわれています。

実際、コリドラスは薬には強くないので穏やかに治療できるこの薬を重宝しています。
コリドラスの卵は数日で白カビが生えてくるのが多いのですが、うちではこの薬で助かっています。(といっても無精卵やかびちゃったのは無理ですが)

新しく買ってくるのもいいですが、すでに暮らしている魚たちのことも考えないとですね。

エビ終わり

2007.01.07(01:44)

やはり思ったとおりでした。

ビーシュリンプを買ってはみたものの、私はどうもエビと相性が悪いのか飼育が下手なのかもちませんでした。

なんとか一緒に年は越したんですがそれが限界でしたね。

エビは農薬などに敏感と言いますが、あげたタブレットフードの一つで痙攣を起して挙動がおかしくなったのがあったのでそのせいもあるかなと思っています。

やっぱり素直にコリドラスを飼うのが一番なのかなw

食べ始めました

2006.11.25(23:49)

2日程前から突然餌を拒否していたシクリッドが食べ始めました。
いやぁ、あんな変化ってあるんですね。

食べなかったといってもそれまで沢山食べていたのもあっておなかはそれほどやせてはいなかったのですが、いまはまたバクバク食べています。

又、コリドラス・イルミネートゥスゴールド稚魚水槽の方は完全にブラインシュリンプをストップしてキョーリンのコリドラスタブレットに切り替えました。
数が9匹いますが口も小さいですし体も小さいので1日に1~2粒与えています。
だんだん親と同じ餌に慣れていってくれればいいんですけどね。

もう11月も終わりで来週からいよいよ12月に突入ですね!!
熱帯魚屋さんでもきっと年末セールなどあるでしょうから、このチャンスを逃さず普段は手の届かなかったものもゲットしたいものですね。

食べないワケ

2006.11.18(23:20)

先週の記事で飛び込みをしてしまった魚をテーマにしたのですが、昨今のニュースと照らすと不謹慎な内容だったような気がしております。
でも、魚と比べるのもなんですが生きとし生けるもの命はかけがえのないものであると思います。

うちのシクリッドのボス的存在だった魚がここ2,3日餌を食べません。
なにか口をモグモグさせているのですが餌が目の前に落ちてきて食べようと近寄るのですが、食べないで素通りするのです。

子供がいてマウスブリードならなるほどと思いますが、生憎うちのシクリッドは全部種類が違うのです。
拒食症のモデルが亡くなったと先日ニュースで聞きましたが、そんな風になってほしくないなぁと切に願います。

熱帯魚の雑誌は次号にカレンダーっぽいのがつきそうですね。
お店でもカレンダー配布しているのかな?

魚といえば、今は熱帯魚ファンでなくとも、魚の心配をしているニュースがあります。そう、クロマグロのことです。
お寿司が好きな私にとってはなんとも関心事ですが、マグロが食べられなければエビとか違うの頼みますけどねw

話変わりますが、デジカメに入れる充電池用の充電器が行方不明のため、画像を載せられないでいます。
携帯のはいまいちなんですよねぇ。

2匹飛び降りしてました

2006.11.11(23:24)

先週の記事に魚が足りないような気がすると書いたのですが、最悪の結果になってしまいました。

60cm水槽のガラスフタをひっかけるフックがたまたま落ちたので拾おうとメタルラックの下を覗くと・・・。

1匹はシクリッドで比較的縄張りにまけて痩せ気味だった青いのです。
もう1匹はコリドラス・イルミネートゥスゴールドでした。

孵化させたあとの段階で亡くなってしまったのはこれが最初です。
10匹孵化させてここまで育ててきましたが、生後5ヶ月程で1匹天へ召されてしまいました。

コリドラスの水槽は角っこの一隅だけわずかに空いているのですが、まさかあそこから飛び落ちるとは思いませんでした。

コリドラスはたまに水面へ向かって顔を出しますし、シクリッドはたまに軽くジャンプします。

水深を下げておくのも手ですが、単純に水量を減らせば早く水質が悪化するんですよね。
なんとか残りのメンバーと共に明るい年越しをしたいと思いました。

1匹少ないような・・・

2006.11.04(23:41)

11月に入りましたねぇ。
いよいよ今年も残すところ僅かとなった気がしてきました。
気温も下がって冬に向かっているんだなぁという気配を感じています。

さて、我が家のコリドラス・イルミネートゥスゴールド水槽ですがなにやら数が1匹少ないようなのです。
死体もないので・・・どこいったんでしょうねぇ。

ネオンテトラだと死体になると体がボロボロとなって解けていくので日が経つと分かりづらいのですが、コリドラスは頭蓋骨がしばらく残りますからね。
それでなくともベアタンク水槽で見通しをよくしているので気づかないのも不思議なものです。

昨日、フリーペーパーの『Love Fish』Vol.8をもらってきました。
フリーペーパーにとやかく言うのはなんですが、私はもうちょっと充実して欲しいかなぁという気がしています。
カブトムシとかfishには関係ないしね。

そうそう、そのイルミネートゥスゴールド達ですが生後140日を過ぎてようやく餌をブラインシュリンプからキョーリンのコリドラスフードに移行しました。
それまで何回か試したのですが、まだ体が小さいのと口が比例して小さいのでブラインシュリンプ一筋だったのです。

体が小型なので、10匹に対して1粒あげていますがおなかをぷっくりさせてちょうどいいようです。

コケ広がる

2006.08.08(22:24)

今日は天気が不安定で陽射しがそれほどでもなかったですが、水温が上がっていることもあってコケがみるみる増えてきました。

茶色のコケであればオトシンクルスで食べてくれますが、悪化して固くなったりするともっとガリガリとかじってくれるものじゃないとだめですよね。

ただ、もう既にある程度の縄張りが出来ているんですよね。

そうそう、あとコリドラスのイルミネートゥスゴールドたちは未だ1匹も落ちず10匹健在ですよ。
夏の暑さにも負けずに元気に育っています。

水位が・・・

2006.08.04(23:16)

今週はちょっと忙しい日々が続いていて魚には餌をあげるくらいが精一杯だったのですが、水がだいぶ減ってました。

今日は日中の気温がかなり暑かったのもあって、帰宅時でもシクリッド水槽は水温29℃。室温31℃でした。
扇風機を取り付けているコリドラス水槽は25℃をキープしています。

幸いどの魚も食欲が旺盛なのが救いですね。
人間の方はどうも暑いと食欲がねぇ・・。

明日あたりには水槽の掃除をせねばぁと思っています。

ピリピリムード

2006.07.30(23:07)

飼い始めましたシクリッドですが、なにやらだんだん縄張り意識がつよくなっているような・・。

特にすごいのがネオランプロローグス・トレトケファルスです。

3匹買ったのですが、そのうちの色の濃い1匹が水槽の中央に陣取ってますw
マラウィ湖にいる2種はそれに比べたらぜんぜんかわいいもんですね。
でもボロボロになっちゃうような感じではないですが、何らかの応急処置はしないといけないと思っています。

現地では隠れ家になるような所が多いそうなので、そういったものを今度買うなりして配置してみようかと思います。
なんか、お金が色々かかりそうな予感するなぁ・・・。

水たまり

2006.07.18(21:27)

昨日の記事に30cm水槽で白にごりがおきたと書いたのですが、あの後とりあえずPSBを入れてみたんですね。

そして翌日の今日、見事に水が透き通ってました。
「やるなぁ、PSB」
と思った朝でしたw

帰宅してみるとまだ水槽は透明。
しかし、水槽の置いてあるラックの奥の方に水たまりが・・。

どうやら、逆サーモで水温が上がった時に動作する扇風機の風力で水換えしたばかりで水面が上がっていたものを押し上げて回りに水を撒き散らしたっぽいのです。
幸い、うちのラックはすべての段にオプションで買った硬化プラスチックの透明板の上に水槽を置いているので飛散しても下へ落ちないようにしていたので床はノープロブレムでした。

今日は最近にしては一転して朝から涼しかったのですが、水槽の水が漏れたりしたら涼しい所の沙汰ではないですもんね。

白くなっちゃった

2006.07.17(22:55)

今日は30cm水槽だけ水換えをしたのですが、白く濁ってしまいました。
いわゆる白にごりですね。

たぶん換えた量が多かったので、あの新規に水槽を立ち上げた時にできるような感じになったものと思われます。
特に魚が具合悪そうとかないのですが、見た目が気になりますよね。

コリドラスのイルミネートゥスには学名が定まっていないこともあって名前の呼び方がまちまちですが、グリーンとオレンジとゴールドはそれぞれ別ですね。
オレンジがゴールドのように書いて売っている事もありますが、発色が明らかに金色とオレンジでは違いますもん。
ただ、たまにオレンジと書いてあっても金色がまぎれていることもあるので、みつけたらねらい目かもですね。

他界されました

2006.06.30(21:22)

今日の朝水槽を見てみると1匹水流に乗って水面をぐるぐると横たえているものがありました。
そう、死体です。
なんか朝から死体っていうのもなんですよねぇ。

亡くなったのはコリドラス・ステルバイです。
死因は不明です。
というのも、うちは前からステルバイとアドルフォイは短命なんですよね。
逆にアエネウス系は繁殖までするくらいなのですが。

元々、細かった個体で体が弱かった事も起因していたように感じています。
生まれてくるコリドラスもいれば、死んでいくコリドラスもいる。
是非とも、生まれた赤ちゃん達はその分も立派に育っていって欲しいと思っています。

ハプニング関係

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 台風の日に(09/07)
  3. 訃報(07/30)
  4. バタバタバタ!?(05/16)
  5. タイで大量に…(03/14)
  6. 色々ありました(02/11)
  7. イルミ倒れる(01/28)
  8. 薬浴開始(01/21)
  9. エビ終わり(01/07)
  10. 食べ始めました(11/25)
  11. 食べないワケ(11/18)
  12. 2匹飛び降りしてました(11/11)
  13. 1匹少ないような・・・(11/04)
  14. コケ広がる(08/08)
  15. 水位が・・・(08/04)
  16. ピリピリムード(07/30)
  17. 水たまり(07/18)
  18. 白くなっちゃった(07/17)
  19. 他界されました(06/30)
次のページ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。